13thライヴサーキット“ラヴ・E・メール・フロム・1999”

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ポルノグラフィティ > 13thライヴサーキット“ラヴ・E・メール・フロム・1999”
13thライヴサーキット“ラヴ・E・メール・フロム・1999” Live in MARINE MESSE FUKUOKA
ポルノグラフィティライブ・ビデオ
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル SME Records
プロデュース 田村充義
ポルノグラフィティ 映像作品 年表
12th LIVE CIRCUIT "PANORAMA×42" SPECIAL LIVE PACKAGE
2013年
13thライヴサーキット“ラヴ・E・メール・フロム・1999” Live in MARINE MESSE FUKUOKA
2014年
神戸・横浜ロマンスポルノ'14 〜惑ワ不ノ森〜
(2015年)
テンプレートを表示

13thライヴサーキット“ラヴ・E・メール・フロム・1999” Live in MARINE MESSE FUKUOKA』(サーティーンス・ライブ・サーキット "ラヴ・イー・メール・フロム・いちきゅうきゅうきゅう" ライヴ・イン・マリンメッセふくおか)はポルノグラフィティのライブビデオ。2014年8月6日にDVD、Blu-ray Discで同時リリース。

概要[編集]

  • 2013年12月14日から2014年3月29日にかけて開催されたライブツアー『13thライヴサーキット“ラヴ・E・メール・フロム・1999"』からツアー最終日の3月29日マリンメッセ福岡公演の模様を収録。
  • 特典映像として、7th LIVE CIRCUIT "SWITCH" 2005以来、9年ぶりとなるツアーの裏側を追ったドキュメントを収録。
  • デビュー15周年記念ツアーということで、シングル曲が多い。
  • ツアー開催前にメンバーからの提案によりシングル以外の楽曲を対象にライブで聴きたい曲のアンケートが実施された。(2013年10月11日~10月25日)2週間という短い期間だったが、述べ19,792票の投票があった。[1]全160曲が対象だったが、全曲に投票が入っていた。(昭仁談)
  • DVD、Blu-rayともに初回仕様は「ボーナスディスク」、「ライヴフォトブックレット」、「スペシャルBOX仕様」「40 thシングル(俺たちのセレブレーション)とのW購入者特典応募ハガキ封入」となっている。
  • 初回限定版のボーナスディスクにはこれまでの全LIVE映像作品をダイジェストで見られる「15th ANNIVERSARY”LIVE”GRAFFITTI」と本ツアーのMCを厳選した「LEMF1999“MC”GRAFFITTI」が収録されている。

収録内容[編集]

Blu-ray版は本編Discが1枚になっている。

本編(DISC-1)[編集]

  1. OPENING
    映像の構成は晴一によるもの。ラフから画コンテまで行った。
  2. 青春花道
    38thシングル。
  3. ミュージック・アワー
    3rdシングル。ギターソロ前で昭仁が観客を煽る。
  4. オレ、天使
    イントロの語りがキューブ教官になっている。
  5. ヒトリノ夜
    2ndシングル。
  6. エピキュリアン
    青春花道のカップリング。
  7. サウダージ
    4thシングル。
  8. 東京デスティニー
    ライブ当時最新の39thシングル。
  9. ルーズ
    カゲボウシのカップリング。上記の楽曲アンケートにて人気が高かった曲。
  10. 愛が呼ぶほうへ
    13thシングル。
  11. 瞬く星の下で
    37thシングルのアコースティックver.。15周年突入記念として生配信した"ユーストの花道"で披露したものに加え、NAOTOのバイオリンが追加された。
  12. サボテン
    5thシングル。
  13. ラック
    14thシングル。
  14. 音のない森
    11thシングル。
    5th Anniversary Special Live "PURPLE'S"のアレンジをベースにさらにアレンジが施されている。
  15. 夕陽と星空と僕
    愛が呼ぶほうへのカップリング。上記の楽曲アンケートにて投票数が最も多かった曲。
    序盤は昭仁による弾き語りで始まり、やがて晴一のアルペジオが加わり、間奏からバンド演奏が加わる。
  16. Mugen君は100%ギフトあなたがここにいたらLove,too Death,too幸せについて本気出して考えてみたMugen
    6曲によるメドレー。冒頭のMugenはサビのみ。表記はないが幸せについて本気出して考えてみたの前に~Before Century~がある。
  17. アゲハ蝶
    6thシングル。本楽曲にしては珍しく、晴一はエレキギターでの演奏。

本編(DISC-2)[編集]

  1. Let's go to the answer
    上記の楽曲アンケートにて人気が高かった曲。
  2. メリッサ
    12thシングル。
  3. ハネウマライダー
    20thシングル。
  4. ひとひら
    ツアーに先駆けて発売されたベストアルバムに収録されている最新曲。スクリーンに歌詞が表示される。
  5. アポロ
    1stシングル。ステージ真ん中のキューブ型のオブジェ(キューブ教官)の上に乗っての演奏。

ENCORE

  1. マシンガントーク
    上記の楽曲アンケートにて人気が高かった曲。演奏終了後、昭仁にモンキーダンスをさせようとメンバーがイントロのフレーズを繰り返す場面がある。
    広島公演、北海道公演のみHard Days, Holy Nightが演奏された
  2. Sweet Home Chicago ~ご当地ver.~
  3. ジレンマ
    アンコールの締めとしての定番曲。

-ドキュメント-

LEMF1999 TOUR DOCUMENT

特典映像(DISC-3)[編集]

1.15th ANNIVERSARY LIVE GRAFFITTI

『Tour 08452 〜Welcome to my heart〜』〜『12th LIVE CIRCUIT "PANORAMA×42" SPECIAL LIVE PACKAGE』までの、全ライブ映像作品からメンバーが選んだ映像をカタログの 様につないだダイジェスト。

2.「LEMF1999」“MC”GRAFFITTI

おもしろMCをぎゅっと編集した ダイジェスト。


サポートメンバー[編集]

  • 野崎真助(ドラムス)
  • 野崎森男(ベース)
  • 宗本康兵(キーボード)
  • 藤井洋(キーボード)
  • NAOTO(ヴァイオリン)
  • nang-chang(マニピュレート)
キャラクター
  • キューブ教官(前説)

脚注[編集]

  1. ^ STAFF REPORT (2013年10月26日). “投票ありがとうございました!”. INFORMATION. AMUSE INC.. 2013年10月26日閲覧。