15区 (パリ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
パリ・15区の位置
パリ・15区の位置

パリ15区 (15く、15e arrondissement de Paris) は、フランス首都・パリ市を構成する20の行政区のひとつである[1]。第15区、パリ15区ともいう。市の南西部に位置しており、セーヌ川の南岸に面している。

概要[編集]

パリの15区は、市の南西部にある行政区。「ヴォージラール区 (Arrondissement de Vaugirard)」と呼ばれることもある [2]セーヌ川の南岸に面しており、菱形に近い形をしている。南西には、ペリフェリック (パリ環状道路)に沿う形で市の境界線が敷かれており、オー=ド=セーヌ県に接している。人口は225,362人 (1999年)で、20区の中では最も多く、市の人口の10.6パーセントを占めている(人口の推移等詳細については後述)。

区の名称は、市の中央部から時計回り螺旋を描くようにして各区に付けられた番号を基にしており、当区はその15番目にあたることから、「15区」と名づけられた。15区の主要な施設としては、トゥール・モンパルナスモンパルナス駅パスツール研究所、ネッケル小児病院などがある。また、セーヌ川に浮かぶ白鳥の島 (イル・デ・シーニュ)には、自由の女神像がある。

地理[編集]

パリ・15区の概略図
Front de Seine 「フロン・ド・セーヌ」(15区内の超高層ビル群、対岸16区からの眺め、2012-11-08).

15区は、パリの南西部に位置している。セーヌ川の南岸に面しており[3]、菱形に近い形をしている。面積は8.50 平方キロメートルで、20区のうちでは12区16区に次いで3番目に大きい。森林部(ヴァンセンヌの森ブローニュの森)を除けば、20区最大の面積となる。

北東は、同じパリの行政区である7区に接し、東寄りの一部は6区に接している。北西は、セーヌ川を挟んで16区に接している。南東は14区に接している。南西は、ペリフェリック (パリ環状道路)に沿う形でパリ市の境界線が敷かれ、オー=ド=セーヌ県の各自治体、南東はマラコフ、南はヴァンヴ、南西はイシー=レ=ムリノーに接している。

地形[編集]


隣接する自治体(行政区)[編集]

地区(カルチェ)[編集]

パリ・15区のカルチエ詳細図

パリの行政区は、それぞれ4つの地区(カルチェ)に区分されている。15区を構成する4地区のコードと名称は、次のとおりである。

  • 57 - サン=ランベール地区 (Quartier Saint-Lambert)
  • 58 - ネッケル地区 (Quartier Necker)
  • 59 - グルネル地区 (Quartier de Grenelle)
  • 60 - ジャヴェル地区 (Quartier de Javel)
    Avenue de Breteuil vue en direction des Invalides(ブルトゥイユ大通りから見るアンヴァリッド, ネッケル地区 (Quartier Necker)).

住民[編集]

人口[編集]

15区の人口は、1962年には250,551人となり、ピークに達した。その後は減少を続けたが、1990年の223,940人を底に再び増加に転じ、1999年にはピーク時の9割程度の225,362人となった。20区のうちで最も人口が多く、1975年以降は、パリの人口の10パーセント以上を占めている。2005年の推計では232,400人と見積もられており、人口の増加が見込まれている。

また、人口の減少とともに人口密度も減少しており、1999年の人口密度は、ピーク時の9割程度の26,507人となっている。人口の推移の詳細は、次のとおりである。

区人口 市人口 区人口/市人口 区人口密度 市人口密度 備考
1872年 75,449 1,851,792 4.07% 8,874 21,303
1954年 250,124 2,850,189 8.78% 29,419 32,788
1962年 250,551 2,790,091 8.98% 29,470 32,097 人口がピークに達する。
1968年 244,080 2,590,771 9.42% 28,709 29,804
1975年 231,301 2,299,830 10.06% 27,205 26,457
1982年 225,596 2,176,243 10.37% 26,534 25,035
1990年 223,940 2,152,423 10.40% 26,340 24,761
1999年 225,362 2,125,246 10.60% 26,507 24,449
2005年 232,400 2,166,200 10.73% 27,335 24,920 人口は推計。

歴史[編集]

政治・行政・司法[編集]

主な官公庁・公共機関[編集]

15区役所 (La mairie du 15e arrondissement.)
同区役所
  • 第15区役所(Mairie du 15e arrondissement)- 区のほぼ中央、ルクールブ通り(Rue Lecourbe)沿いに位置するユベール=モンマルシェ広場(Place Hubert-Monmarché)にある。同通り西側周辺界隈にはサン=ランベール公園が位置する

軍事[編集]

経済[編集]

主な企業[編集]

  • サフラン・グループ本社(Safran S.A.) - 軍需企業。ジェネラル・マルシャル・ヴァラン大通り (Boulevard du Général Martial Valin) 2番地に所在する。
  • ナバル・グループ本社(Naval Group) - 2017年6月28日にDCNS (Direction des Constructions Navales Services) から現在名に改称した軍需企業。ドクトゥ・フィンレ通り (Rue du Docteur Finlay) 40番地に所在する。
  • グループ・レ・ゼコ=ル・パリジャン(Groupe Les Échos-Le Parisien) - LVMHグループに属するメディア関連の持株会社。グルネル大通り (Boulevard de Grenelle) 10番地に所在する。傘下に以下。
    • ル・パリジャン本社(Le Parisien) - 新聞社。同グルネル大通り10番地にある。
    • レ・ゼコ本社(Les Échos) - 経済新聞社。同グルネル大通り10番地にある。
  • フランス・テレビジョン本社(France Télévisions) - 公共放送会社。エスプラナド・アンリ・フランス (アンリ・フランス大通り, Esplanade Henri France) 7番地に所在する。
  • Orange本社(オランジュ、Orange S.A.) - 通信会社。オリヴィエ・ド・セール通り (Rue Olivier de Serres) 78番地に所在する。

主な店舗・商業施設[編集]

パティスリー

その他[編集]

健康・福祉[編集]

保健・医療[編集]

  • サン=ミッシェル病院(Hôpital Saint-Michel
  • ジョルジュ=ポンピドゥー・ヨーロッパ病院(Hôpital Européen Georges-Pompidou (HEGP)
  • ネッケル小児病院(Hôpital Necker - Enfants Malades
  • パスツール病院(Hôpital Pasteur

生活[編集]

墓地等[編集]

  • グルネル墓地 (Cimetière de Grenelle
  • ヴォージラール墓地 (Cimetière de Vaugirard

学術・研究[編集]

研究施設[編集]

Musée, Institut Pasteur(パスツール研究所)

教育[編集]

画像をクリックして拡大

大学等[編集]

  • ESCP EUROPEESCP EUROPE
    • 名門グランゼコールの一つで、元パリ高等商業学校。1819年の設立時からの校舎はマレ地区のシュリー館 (hôtel de sully) にあった。11区レピュブリック大通り79番地に本部校舎があり、15区アルマン・モワザン通り (Rue Armand Moisant) 3番地にモンパルナス校舎がある。

高等学校[編集]

その他[編集]

文化施設[編集]

美術館・博物館[編集]

La musique, Musée Bourdelle, Paris

映画館・劇場[編集]

  • シルヴィア=モンフォール劇場 (Théâtre Silvia-Monfort

その他[編集]

画像をクリックして拡大

宗教施設[編集]

教会・寺院[編集]

  • サン=クリストフ=ド=ジャヴェル教会 (Église Saint-Christophe-de-Javel
  • サン=レオン教会 (Église Saint-Léon

観光・憩い[編集]

建築[編集]

Front-de-Seine
右の赤い建物がオテル・ノヴォテル・パリ・トゥール・エッフェル(2001年までは日本航空の子会社により開業運営されていた)
  • トゥール・モンパルナス (Tour Montparnasse)
  • フロン=ド=セーヌ (Front-de-Seine) - エッフェル塔の南西に位置する、セーヌ川沿いの超高層建築物群のこと[5]。1970年代半ば以降に「Front-de-Seine」は建ち並んだ。景観高さ規制の厳しいパリ市内の中で、現在13区の「Paris Rive Gauche」が再開発地区にあたる。パリ郊外の「ラ・デファンス」も有名。
    • オテル・ノヴォテル・パリ・トゥール・エッフェル (Hôtel Novotel Paris Tour Eiffel
      • 当初は日航開発により「オテル・ニッコー・ド・パリ」の名称で1976年に開業したが、2001年に売却された。
    • オテル・フラトテル・トゥール・エッフェル (Hôtel Flatotel Tour Eiffel
    • シュミネ・デュ・フロン=ド=セーヌ (Cheminée du Front-de-Seine
      • この煙突は、130メートルの高さがある[6]
    • トゥール・アヴァン=セーヌ (Tour Avant-Seine
    • トゥールH15 (Tour H15
    • トゥール・エヴァジオン2000 (Tour Évasion 2000
    • トゥール・エスパス2000 (Tour Espace 2000
    • トゥール・クリスタル (Tour Cristal
    • トゥール・ケレル (Tour Keller
    • トゥール・セーヌ (Tour Seine
    • トゥール・トーテム (Tour Totem
    • トゥール・パノラマ (Tour Panorama
    • トゥール・パリ・コテ・セーヌ (Tour Paris Côté Seine
    • トゥール・ペルスペクティヴ1 (Tour Perspective 1
    • トゥール・ペルスペクティヴ2 (Tour Perspective 2
    • トゥール・ボーグルネル (Tour Beaugrenelle
    • トゥール・マルス (Tour Mars
    • トゥール・ミラボー (Tour Mirabeau
    • トゥール・リーヴ・ゴーシュ (Tour Rive Gauche
    • トゥール・ルフレ (Tour Reflets
  • ラ・リュシュ (La Ruche)

公園・緑地等[編集]

  • アトランティック庭園(Jardin Atlantique
  • アンドレ=シトロエン公園Parc André-Citroën
  • グラン=パヴォワ庭園(Jardin du Grand-Pavois
  • コメルス広場(Place du Commerce
  • サン=ランベール公園(Square Saint-Lambert
  • ジョルジュ・ブラッサンス公園(Parc Georges-Brassens
  • スザンヌ=ランラン総合体育公園(Parc Omnisport Suzanne-Lenglen
  • ニコル・ド・オートクローク庭園(Jardin Nicole de Hauteclocque
  • 白鳥の小径(アレ・デ・シーニュ、Allée des Cygnes
  • ヴィオレ公園 (Square Violet
  • ラウル=ドートリー広場 (Place Raoul-Dautry

旧跡・記念碑等[編集]

画像をクリックして拡大
  • 自由の女神像Statue de la Liberté
    • 原型たるパリの"自由の女神像"は、白鳥の島 (イル・デ・シーニュ)の南端にある。

交通[編集]

空港[編集]

  • パリ・ヘリポート(エリポール・ド・パリ、Héliport de Paris

鉄道[編集]

画像をクリックして拡大
  • RER.svg RERフランス国鉄 (SNCF)
    • CC線
      • ブルヴァール・ヴィクトワール=ポン・デュ・ガリリアーノ駅 - ジャヴェル駅
  • Tramway-T.svg 路面電車 トラムパリ交通公団(RATP)
    • トラム3号線
      • ポン・デュ・ガリリアーノ=オピタル・ユーロペアン・ジョルジュ・ポンピドゥ駅 - バラール駅 - デヌエット駅 - ポルト・ド・ヴェルサイユ=パルク・デゼクスポジシオン駅 - ジョルジュ・ブラッサン駅 - ブランシオン駅

高速道路・有料道路[編集]

  • ペリフェリック (パリ環状道路) (Boulevard Périphérique
    • ポルト・ブランシオン - ポルト・ド・ラ・プレーヌ - ポルト・ド・セーヴル

道路[編集]

画像をクリックして拡大
  • アリヴェ通り(Rue de l'Arrivée
  • アルベール=バルトロメ大通り(Avenue Albert-Bartholomé
  • エミール=ゾラ大通り(Avenue Émile-Zola
  • ガリバルディ大通り(Boulevard Garibaldi
    • 下記グルネル大通りが通り東側にあるカンブロンヌ広場を起点にガリバルディと名を変える。ユネスコの南側界隈を過ぎ、ネッケル病院西側界隈に至る。同病院西側界隈、7区内のアンヴァリッドから南側に伸びるブルトゥイユ大通りと、サン=ジェルマン=デ=プレ界隈から伸びるセーヴル通りなどが交差するアンリ=キュイユ広場 (Place Henri-Queuille) で、パストゥール大通りと名を変える。14区内に入ってモンパルナス駅南東至近カタローニュ広場まで伸びる。
  • カンブロンヌ通り(Rue Cambronne
  • グルネル大通り(Boulevard de Grenelle
  • クロワ=ニヴェール通り(Rue de la Croix-Nivert
  • ケ・アンドレ=シトロエン通り(アンドレ=シトロエン河岸通り, Quai André-Citroën
  • ケ・ディッシー=レ=ムリノー通り(ディッシー=レ=ムリノー河岸通り, Quai d'Issy-les-Moulineaux
    • 上記アンドレ=シトロエン河岸通りと共に、グルネル橋から西側(南側)ミラボー橋を過ぎたセーヌ河岸パリ郊外方面へ走る通り。
  • ケ・ド・グルネル通り(グルネル河岸通り, Quai de Grenelle
  • ケ・ブランリ通り(ブランリ河岸通り, Quai Branly
    • セーヌ川16区対岸を7区内から伸びる。ビラケム橋から上記グルネル河岸通りと名を変えて西側(南側)のグルネル橋まで走る。
  • コメルス通り(Rue du Commerce
    • 7区内のアンヴァリッドから南に伸びる下記ラ・モット=ピケ大通りを引き継ぎ、上記グルネル大通りに差し掛かるラ・モット=ピケ=グルネル駅界隈交差点を起点に15区内を南側へ走る通り。ZaraH&M、マージュ (Maje) などのブティック、カフェ、ブーランジュリー、スーパーならモノプリ (Monoprix) などが並ぶ。また、同駅界隈では近年韓国系店舗が増えている。水日曜朝にはグルネルのマルシェがグルネル大通り高架下やラ・モット=ピケ大通り界隈で開かれる。
  • コンヴァンシオン通り(Rue de la Convention
  • サン=シャルル通り(Rue Saint-Charles
  • ジェネラル=マルシャル=ヴァラン大通り(Boulevard du Général-Martial-Valin
  • シュフラン大通り(Avenue de Suffren
    • 7区シャン=ド=マルス公園の西側に沿って走り、15区のガリバルディ大通りメトロ地上駅 セーヴル=ルクールブ駅界隈まで続く通り。
  • セーヴル通り(Rue de Sèvres
    • 7区6区のサン=ジェルマン=デ=プレ界隈から、セーヴル=バビロヌ駅界隈を過ぎた南西15区内へ続く通り。上記のようにブルトゥイユ大通り、ガリバルディ大通り、パストゥール大通り、ルクールブ通りなどと交わるアンリ=キュイユ広場 (Place Henri-Queuille) を起点に、ルクールブ通りと名を変え15区内へ続く通り。
  • テアトル通り(Rue du Théâtre
  • デパール通り(Rue du Départ
    • モンパルナス駅東側に沿って走る通り。文字通り"出発通り"。14区内モンパルナス墓地北側まで伸びてゆく。
  • パストゥール大通り(Boulevard Pasteur
    • 上記ガリバルディ大通りから続き、モンパルナス駅南側至近14区内カタローニュ広場まで走る。
  • バラール通り(Rue Balard
  • ヴイエ通り(Rue de Vouillé
  • ヴィクトール大通り(Boulevard Victor
  • フェリックス=フォール大通り(Avenue Félix-Faure
  • ブランシオン通り(Rue Brancion
  • フレミクール通り(Rue Frémicourt
  • ヴォージラール大通り(Boulevard de Vaugirard
  • ヴォージラール通り(Rue de Vaugirard
  • メーヌ大通り(Avenue du Maine
    • 15区に属するモンパルナス駅西側からアレジア通りなどが交わる14区内南部中央ヴィクトーレ=エレーヌ=バシュ広場 (Place Victor-et-Hélène-Basch) まで14区内を右斜め下に伸びてゆく通り。
  • モンパルナス大通り(Boulevard du Montparnasse
    • モンパルナス駅界隈から西側が15区にかかるが、主に14区と6区との境界線上を東西に走る通り。
  • ラ・モット=ピケ大通り(Avenue de La Motte-Picquet
    • 上記グルネル大通り及びコメルス通りを参照。7区内アンヴァリッドから15区内北側を東西に走るグルネル大通りまで走る通り。
  • リノワ通り(Rue Linois
  • ルクールブ通り(Rue Lecourbe
    • 区内中央を左斜め下に走る。7区アンヴァリッドから南に伸びるブルトゥイユ大通りの他、ガリバルディ、パストゥール各大通り、セーヴル、ルクールブ各通りなどが交わるアンリ=クイユ広場 (Place Henri-Queuille) を起点に、上記セーヴル通りからルクールブと名を変え15区内へ続く通り。パリ市境を走る"ブールヴァール・デ・マレショー"の上記ヴィクトール大通りまで走る。15区役所、サン=ランベール公園、ヴォージラール墓地界隈を走る。
  • ルフェーヴル大通り(Boulevard Lefebvre
  • ルールメル通り(Rue de Lourmel

橋梁[編集]

画像をクリックして拡大

セーヌ川に架かる区内の橋は、次のとおりである(上流順、つまり東西順に列挙)。

広場・交差点[編集]

パリの「広場 (プラス, Place)」は、しばしば2以上の道路が交差する場所に位置し、中心の「島」を道路が周回するロータリー状の交差点となっている場合が多い。中心の「島」部分は、オベリスク緑地等に利用されている場合もあり、凱旋門があるシャルル・ド・ゴール広場は世界的に有名である。15区の広場や交差点には、次のようなものがある。

  • アルレー広場(Place d'Alleray
  • カンブロンヌ広場(Place Cambronne
  • 京都広場(プラス・ド・キョート、Place de Kyoto
  • シャルル=ヴァラン広場(Place Charles-Vallin
  • シャルル=ミッシェル広場(Place Charles-Michels
  • 1940年6月18日広場(プラス・デュ・ディズュイ=ジュワン=ミル・ヌフサン・キャラント, Place du 18-Juin-1940
  • バラール広場(Place Balard
  • ファルギエール広場(Place Falguière
  • ブルトゥイユ広場(Place de Breteuil
    • 7区と15区の境界に位置している。
  • ユベール=モンマルシェ広場(Place Hubert-Monmarché
    • 区内ほぼ中央、ルクールブ通り(Rue Lecourbe)沿いにある。戦争犠牲者のモニュメントと第15区役所がある。西側界隈にサン=ランベール公園(square Saint-Lambert)がある。
  • レオン=ポール=ファルグ広場(Place Léon-Paul-Fargue
    • 6区7区、15区の境界に位置している。
  • ロン・ポワン・サン=シャルル(Rond-point Saint-Charles
    • 14区西部にあるロン・ポワン (円形広場)。
  • ロン・ポワン・デュ・ポン=ミラボー(Rond-point du Pont-Mirabeau

著名な出身者[編集]

政治[編集]

芸能[編集]

著名な居住者[編集]

政治[編集]

学者[編集]

文化[編集]

モンパルナス大通り (Boulevard du Montparnasse) 居住者
メーヌ大通り (Avenue du Maine) 居住者

芸能[編集]

その他[編集]

ゆかりの人物[編集]

文化[編集]

芸能[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ フランス語の 「15e 」 = 「quinzième 」 は、英語の「fifteenth 」 に相当する序数。「第15の」 「15番目の」を意味する。したがって、原語の「15e arrondissement 」を直訳すると「第15区」となる。
  2. ^ レジフランスLégifrance). “地方自治一般法典 (Code Général des Collectivités Territoriales (CGCT))” R2512-1条. 2008年6月26日閲覧.
  3. ^ セーヌ川の左岸にあたる。
  4. ^ 岩田誠 『パリ医学散歩』、岩波書店、1991年、p.139.
  5. ^ Emporis.com - The World's Website about Buildings. “Front de Seine” (英語) 2008年8月13日閲覧.
  6. ^ Paris-Skyscrapers.fr. “Cheminée du Front-de-Seine” (仏語) 2008年8月13日閲覧.
  7. ^ http://www.critikat.com/Edouard-Luntz.html
  8. ^ « Foucault et le XVe arrondissement », sur www.paris15histoire.com.
  9. ^ Brigitte Hermann, Sophie-Marguerite, Paris 15e. Balades et bonnes adresses, Paris, Christine Bonneton,‎ , 224 p. (ISBN 9782862534923), p. 17-26.

参考文献[編集]

  • MICHELIN編、『Plan Atlas 56 – Paris du Nord au Sud – 』、ISBN 978-2-06-710591-1、MICHELIN、2007年 (仏語。パリ市内の詳細地図。)

関連項目[編集]