17式艦対艦誘導弾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

17式艦対艦誘導弾(ひとななしきかんたいかんゆうどうだん)は、日本が開発している艦対艦ミサイル対艦誘導弾)。別称はSSM-2[1]

概要[編集]

対艦誘導弾の発達・開発系譜

90式艦対艦誘導弾(SSM-1B)の後継として、陸上自衛隊12式地対艦誘導弾をベースとして開発された。ミサイルの誘導方式として、90式では中間航程に慣性誘導、終末航程にアクティブ・レーダー・ホーミング(ARH)誘導を採用しているのに対し、17式では中間誘導にGPSを加えており、航法精度の向上につながっている[1]。発射後に目標に関する情報を更新する機能も付与された[2]。また射程の延伸や同時弾着といった機能も実現される[1]

平成25年度から平成28年度で試作を実施し、平成27年度から平成29年度で技術試験及び実用試験を実施した[2]。17式は平成28年度計画で建造中のまや型護衛艦の2番艦(28DDG)より搭載運用される予定であり[1]、攻撃管制用の艦上装置としては、艦対艦ミサイル艦上装置3形(SSMS-3)を搭載予定となっている[3]

また、2017年度(平成29年度)から2022年度までに17式艦対艦誘導弾をベースに改良型の12式地対艦誘導弾(改)及び91式空対艦誘導弾の後継となる哨戒機用新空対艦誘導弾が開発される予定である[4][5]

出典[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]