1741年イギリス総選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1741年イギリス総選挙
グレートブリテン王国
1734年 ←
4月30日 - 6月11日
→ 1747年

庶民院558議席、安定多数は280議席必要
  第1党 第2党 第3党
  Robert-Walpole-1st-Earl-of-Orford.jpg Sir Watkin Williams Wynn, 3rd Bt by Michael Dahl.jpg 1stEarlOfBath.jpg
党首 サー・ロバート・ウォルポール サー・ワトキン・ウィリアムズ=ウィン ウィリアム・パルトニー
政党 ホイッグ党 トーリー党 愛国ホイッグ党
党首選挙区 キングス・リン英語版 モンゴメリーシャー英語版 ミドルセックス英語版
選挙後議席 286 136 131
議席増減 減少44 減少9 増加48

選挙前首相

サー・ロバート・ウォルポール
ホイッグ党

選出首相

サー・ロバート・ウォルポール
ホイッグ党

1741年イギリス総選挙英語: British general election, 1741)は第9期グレートブリテン議会英語版庶民院英語版議員を選出するために行われた選挙。

選挙の形勢[編集]

グレートブリテン議会は1707年にイングランド議会スコットランド議会が合同したときに成立した。

選挙戦が戦われた選挙区では与党ホイッグ党への支持率が上昇したが、プリンス・オブ・ウェールズの影響力により腐敗選挙区や懐中選挙区の一部では与党が議席を失った。その結果、与党と野党の議席差が縮まり、与党は多数をわずかに保っただけに留まった。

そして、選挙の結果と対スペイン戦争における海戦の敗北により政治危機が生じ、補欠選挙の不正をめぐる内閣不信任決議が可決され、首相ロバート・ウォルポールは1742年2月11日に辞任を余儀なくされた。その後、ウォルポールの支持者は愛国ホイッグ党英語版と部分的に和解して、新政府が成立した。トーリー党は入閣への道を断たれたままとなった。

区割り[編集]

グレートブリテン議会が存在した全期間を通して、区割りが変更されることはなかった。

選挙の日付[編集]

総選挙は1741年4月30日から6月11日まで行われた。この時代の選挙は全ての選挙区で同時に行われず、各バラや郡でバラバラに行われた(ハスティング英語版も参照)。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • British Electoral Facts 1832–1999, compiled and edited by Colin Rallings and Michael Thrasher (Ashgate Publishing Ltd 2000). (For dates of elections before 1832, see the footnote to Table 5.02).