1754年イギリス総選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1754年イギリス総選挙
グレートブリテン王国
1747年 ←
4月13日 - 5月20日
→ 1761年

庶民院558議席、安定多数は280議席必要
  第1党 第2党 第3党
  Thomas-Pelham-Holles-1st-Duke-of-Newcastle-under-Lyne.jpg
党首 ニューカッスル公爵
政党 ホイッグ党 トーリー党 愛国ホイッグ党
党首選挙区 貴族院
選挙後議席 368 106 42
議席増減 増加30 減少11 減少52

選挙前首相

ニューカッスル公爵
ホイッグ党

首相

ニューカッスル公爵
ホイッグ党

1754年イギリス総選挙英語: British general election, 1754)は第11期グレートブリテン議会英語版庶民院英語版議員を選出するために行われた選挙。グレートブリテン議会は1707年にイングランド議会スコットランド議会が合同したときに成立していた。

第11期グレートブリテン議会は1754年5月31日に開会、以降1761年4月20日に解散されるまで8会期続いた。

選挙の形勢[編集]

大規模な賄賂と首相ニューカッスル公爵による懐中選挙区への影響力により、与党は多数を維持した。

1754年時点では官職にありつけそうな人物は皆「ホイッグ党」と称し、旧来の党派は有名無実と化していた。「トーリー党」と「ホイッグ党」のレッテルは特定の主張を指す意味を残していたが、選挙ではオックスフォードシャー選挙区など少数の選挙区を除いてほとんど顧みられず、選挙の結果は地方での課題と貴族家系からの支持にのみ影響された。「トーリー党」と称した者は少数ながら残っていたが、官職から締め出されて久しく、影響力がほとんどなかった。

区割り[編集]

グレートブリテン議会が存在した全期間を通して、区割りが変更されることはなかった。

選挙の日付[編集]

総選挙は1754年4月13日から5月20日まで行われた。この時代の選挙は全ての選挙区で同時に行われず、各バラや郡でバラバラに行われた(ハスティング英語版も参照)。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • British Electoral Facts 1832-1999, compiled and edited by Colin Rallings and Michael Thrasher (Ashgate Publishing Ltd 2000). (For dates of elections before 1832, see the footnote to Table 5.02).