1782年議会法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
1782年議会法
: Parliament Act 1782
正式名称 An Act for better securing the Freedom of Elections of Members to serve in Parliament, by disabling certain Officers, employed in the Collection or Management of his Majesty's Revenus, from giving their Votes at such Elections.
法律番号 22. Geo. III, c. 41
適用地域 グレートブリテン王国
日付
裁可 1782年6月19日
発効 1782年6月19日
廃止 1868年
他の法律
後継 1868年歳入官僚失格法
現況: 廃止
法律制定文

1782年議会法(1782ねんぎかいほう、英語: Parliament Act 1782)、またはクルー法(クルーほう、: Crewe's Act)は、グレートブリテン王国の法律。第2次ロッキンガム侯爵内閣期の1782年庶民院議員ジョン・クルー英語版の要請により制定された法律であり、「クルー法」という名前もジョン・クルーに由来する。

1782年議会法により、消費税庁英語版関税庁英語版郵政省英語版の官僚は議会選挙での投票を禁じられた[1]ロッキンガム侯爵によると、これらの官僚の投票により結果が決まる選挙区は70に上り、消費税庁と関税庁だけでも11,500人が有権者だったという[2]ボッシニー選挙区英語版ニュー・ロムニー選挙区英語版などの腐敗選挙区において、政府が投票者に贈賄して投票を勧誘していることを受けて制定された法律だったが、同法の制定を受けて、有権者を直接官僚に任命せずその親族を任命するようになったため、規制は実効がなかった[2]

1868年歳入官僚失格法(Revenue Officers' Disabilities Act 1868、法律番号31 & 32 Vict. c. 73)により廃止された[3]

出典[編集]

  1. ^ "Charles Watson-Wentworth, 2nd Marquess of Rockingham". gov.uk (英語). 2020年3月8日閲覧
  2. ^ a b Porritt, Edward; Porritt, Annie Gertrude (1903). The Unreformed House of Commons: Parliamentary Representation before 1832 (英語). I. Cambridge University Press. pp. 74–75.
  3. ^ Wikisource reference Chronological Table/22Geo3”. Chronological Table and Index of the Statutes. London: George Edward Eyre and William Spottiswoode.(ウィキソース). (1878).