18式魚雷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

18式魚雷防衛装備庁(旧防衛省技術研究本部)が開発し海上自衛隊が装備を予定している魚雷[1]。開発名称G-RX6G-RX5(12式短魚雷)に続くものである。

概要[編集]

潜水艦装備用の長魚雷として、平成24年度より防衛省技術研究本部(現・防衛装備庁)において開発が開始された。89式長魚雷の後継であり、囮装置をはじめとする魚雷防御手段などへの対応能力向上や、深海域のみならず音響環境が複雑となりやすい沿海・浅海域においても目標を探知・攻撃できることを目的としている。有線誘導が可能であり、攻撃対象には水上艦艇、および潜水艦の両方が含まれる。

目標の形状を識別し、囮との区別も行える音響画像センサー[2][3]および、同様に囮識別に有効かつ最適タイミングでの起爆が可能なアクティブ磁気近接起爆装置[2][4][5]が搭載される。動力機関には、静粛性を有し、長距離航走を可能とするため、水素・酸素燃焼タービン[2][6]を採用する。

本体開発経費は約94億円。

平成31年度(令和元年度)に取得予算が計上され、2022年(令和4年)2月までに納入予定である[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈・出典[編集]

  1. ^ a b 防衛装備庁 電子音響調達官誘導武器室 令和元年度調達予定品目(中央調達分)
  2. ^ a b c 自衛隊有事作戦と新兵器Vol5 増大する周辺潜水艦脅威&海自の次世代潜水艦が採用する全新技術 軍事情報研究会 軍事研究 2011年4月号 発行:ジャパン・ミリタリー・レビュー P123-146
  3. ^ 平成14年度 政策評価書(事後の事業評価) 誘導制御装置の研究
  4. ^ 朝雲新聞2004年12月 長魚雷用アクティブ磁気近接起爆装置
  5. ^ 技術研究本部・長魚雷用アクティブ磁気起爆装置
  6. ^ 魚雷用動力装置の研究