1800

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1799 1800 1801
素因数分解 23×32×52
二進法 11100001000
六進法 12200
八進法 3410
十二進法 1060
十六進法 708
十八進法 5A0
二十進法 4A0
ローマ数字 MDCCC
漢数字 千八百
大字 千八百
算木 Counting rod h1.pngCounting rod v8.pngCounting rod 0.pngCounting rod 0.png

1800(千八百、一八〇〇、せんはっぴゃく)は、自然数および整数において、1799の次で1801の前の数である。

性質[編集]

  • 1800は合成数であり、約数1, 2, 3, 4, 5, 6, 8, 9, 10, 12, 15, 18, 20, 24, 25, 30, 36, 40, 45, 50, 60, 72, 75, 90, 100, 120, 150, 180, 200, 225, 300, 360, 450, 600, 900, 1800 である。
    • 約数の和は6045。
      • 約数の和が奇数になる72番目の数である。1つ前は1764、次は1849
    • 約数を36個もつ3番目の数である。1つ前は1440、次は1980
    • 7以外の1から10までの全てと、25(= 52)で割り切れる、最小の数である。
  • 20番目のアキレス数である。1つ前は1568、次は1944
  • 15番目の五角錐数である。1つ前は1470、次は2176。
  • 1800 = 23 + 43 + 63 + 83 + 103
    • 5連続偶数立方和で表せる最小の数である。次は3520。
    • n = 2 のときの n3 + (n + 2)3 + (n + 4)3 + (n + 6)3 + (n + 8)3 の値とみたとき1つ前は1225、次は4725。
    • 1800 = 03 +23 + 43 + 63 + 83 + 103
      • 6連続偶数の立方和で表せる最小の数である。1つ前は792、ただし負の数を除くと最小、次は3528。
      • n = 0 のときの n3 + (n + 2)3 + (n + 4)3 + (n + 6)3 + (n + 8)3 + (n + 10)3 の値とみたとき1つ前は1224、次は2556。
  • 375番目のハーシャッド数である。1つ前は1785、次は1810。
    • 9を基とする100番目のハーシャッド数である。1つ前は1710、次は2007
  • 約数の和が1800になる数は9個ある。(696, 760, 894, 1102, 1198, 1347, 1639, 1691, 1711) 約数の和9個で表せる4番目の数である。1つ前は1488、次は1824
  • 1080 = 23 + 43 + 123
  • 1800 = 23 × 32 × 52
  • 1800 = 5 × 360
  • 1800 = (1 + 2 + 3 + 4 + 5) × (1 × 2 × 3 × 4 × 5) 。この形の1つ前は240、次は15120。(オンライン整数列大辞典の数列 A001286)

その他 1800 に関連すること[編集]

関連項目[編集]