1810年代の航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索

< 1810年代

1800年代の航空 - 1810年代の航空 - 1820年代の航空

ここでは、1810年代の航空について取り上げる。

目次

1811年

アルプレヒト・ベルブリンガーの実験を描いた版画
  • 4月16日 - ドイツ人女性、ヴィルヘルミーネ・ライヒャルトが、ドイツ人女性として最初に気球で飛行した。
  • 5月31日 - 「ウルムの仕立て屋」、アルプレヒト・ベルブリンガーが公開飛行を試みるが失敗する。

1812年

  • 10月1日 - イギリスのジェームズ・セードラーがアイルランドのMullingarからアイリッシュ海の横断に挑戦したが失敗し、溺れるそうになった。

1819年

  • 1819年 - ソフィー・ブランシャールがパリのティヴォリ公園(Jardin de Tivoli)における公開飛行中、気球から打ち出した花火が気嚢の水素ガスに引火。気球は建物の屋根に墜落して彼女は死亡した。航空事故で死んだ最初の女性となった。

関連項目

今日は何の日(10月18日

もっと見る