1830年代の航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索

< 1830年代

1820年代の航空 - 1830年代の航空 - 1840年代の航空

ここでは、1830年代の航空について取り上げる。

目次

1836年

  • 11月7日-8日 - チャールズ・グリーンが気球「ロイヤル・ヴォックスホール号」でロンドンからドイツのヴァイルブルクまでの770kmを飛行した。

1837年

1838年

  • ジョン・ワイズが空中で気嚢がガス漏れを起こした場合にそのままパラシュートと化す気球を開発した。
  • 9月10日 - チャールズ・グリーンとジョージ・ラッシュが気球「ロイヤル・ヴォックスホール」号で2万7146フィート(8274メートル)の高度に到達した。

関連項目

今日は何の日(9月19日

もっと見る

「1830年代の航空」のQ&A