1850年代の航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索

< 1850年代

1840年代の航空 - 1850年代の航空 - 1860年代の航空

目次

1852年

ジファールの飛行船
  • 9月24日 - フランスのアンリ・ジファールがパリとトラップ(Trappes)の間の27 kmを2500m3の大きさの気球に3馬力の蒸気エンジンをつけて飛行に成功した。

1853年

  • イギリスのジョージ・ケイリーが単葉のグライダーを製作し、ケイリーの御者の操縦で100m以上の飛行に成功した。

1856年

  • 12月 - フランスのジャン=マリー・ルブリがグライダーで、Sainte-Anne-la-Palud海岸(フィニステール県)で、向かい風に向かって、馬で引っ張らせて離陸し、離陸した高さよりも高く飛行することに成功した。

1857年

1859年

  • 8月17日 - アメリカ合衆国のジョン・ワイズが気球に123通の手紙と23枚の回状を積んでインディアナ州のラファイエットから離陸し、浮力不足のため26マイル先のクローフォーヅヴィルに不時着したがアメリカ初のアメリカ初の航空郵便となった。

今日は何の日(10月14日

もっと見る

「1850年代の航空」のQ&A