1892年の相撲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

1892年の相撲(1892ねんのすもう)は、1892年の相撲関係のできごとについて述べる。

できごと[編集]

大阪相撲を割って独自興行を行っていた広角組が大坂千日前三宅弥太郎所有地を本拠地とする[1]

天覧相撲[編集]

7月9日、鍋島直大侯爵邸に明治天皇が行幸、天覧相撲が披露された[2]

本場所など[編集]

  • 1月場所(東京相撲)[3]
    • 興行場所:本所回向院
    • 1月5日より晴天10日間興行
  • 5月場所(東京大阪合併相撲)[1]
    • 興行場所:長堀土佐稲荷神社
    • 晴天10日間興行
      • 大阪方は広角組が参加。7日目で打ち切り。
  • 5月場所(京都大阪合併相撲)[1]
    • 興行場所:祇園北林
    • 晴天7日間興行
      • 4日目で打ち切り。
  • 6月場所(東京相撲)[4]
    • 興行場所:本所回向院
    • 6月1日より晴天10日間興行
  • 10月場所(東京大阪合併相撲)[2]
    • 興行場所:難波新地新金刀比羅神宮
    • 晴天10日間興行

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 酒井, p. 118.
  2. ^ a b 酒井, p. 121.
  3. ^ 酒井, pp. 116-118.
  4. ^ 酒井, pp. 119-121.

参考文献[編集]

  • 酒井忠正 『日本相撲史 中巻』 ベースボール・マガジン社、1964年6月1日