1896年のスポーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

< 1896年

1896年前後:1895年のスポーツ - 1896年のスポーツ - 1897年のスポーツ

総合競技大会[編集]

第1回アテネオリンピック
順位 国・地域名
1 アメリカ 11 7 2 20
2 ギリシャ 10 17 19 46
3 ドイツ 6 5 2 13
4 フランス 5 4 2 11
5 イギリス 2 3 2 7
6 ハンガリー 2 1 3 6
7 オーストリア 2 1 2 5
8 オーストラリア 2 0 0 2
9 デンマーク 1 2 3 6
10 スイス 1 2 0 3
11 混成チーム 1 1 1 3
43 43 36 122

アイスホッケー[編集]

2月:優勝:ウィニペグ・ヴィクトリアズ (MHL)、準優勝:モントリオール・ヴィクトリアズ (AHA)
12月:優勝:モントリオール・ヴィクトリアズ (AHA)、準優勝:ウィニペグ・ヴィクトリアズ (MHL)

大相撲[編集]

クリケット[編集]

イングランド (2勝1敗) オーストラリア

競馬[編集]

イギリス[編集]

クラシック
その他主要レース

アメリカ合衆国[編集]

フランス[編集]

オーストラリア[編集]

日本[編集]

ゴルフ[編集]

世界4大大会(男子)[編集]

サッカー[編集]

イングランド[編集]

シェフィールド・ウェンズデイ 2-1 ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ

スケート[編集]

フィギュアスケート[編集]

テニス[編集]

グランドスラム[編集]

第1回アテネオリンピック[編集]

第1回近代オリンピックでは、テニス競技も男子シングルス・男子ダブルスの2部門のみで始まった。男子シングルスでは、準決勝敗退選手による銅メダル決定戦は行わず、両方に銅メダルを授与した。男子ダブルスでは、違う国の選手がペアを組む「混合チーム」(ZZX)もあった。

ボート[編集]

野球[編集]

アメリカ大リーグ[編集]

ラグビー[編集]

優勝:アイルランド

誕生[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 香月義徳『大浦留市先生』、1999年11月11日、3, 7。全国書誌番号:20049259