1900年パリオリンピックのボート競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
1900年パリオリンピックのボート競技の位置(パリ内)
Asnières Bridge
Asnières Bridge
Courbevoie Bridge
Courbevoie Bridge
競技会場

1900年パリオリンピックボート競技(1900ねんパリオリンピックのボートきょうぎ)では4つの種目が行われ、オリンピックのプログラムへの導入が示された[1]。最初の1896年の大会では強風のためボート競技は中止された。8月25日と26日にクールブヴォア橋とアニエール橋の間のセーヌ川で開催された[2]。コースの長さは1750mであった[3]

競技結果[編集]

種目
シングルスカル フランス Hermann Barrelet (FRA) フランス André Gaudin (FRA) イギリス Saint-George Ashe (GBR)
舵つきペア 混合チーム 混合チーム (ZZX)[4]
Minerva Amsterdam
François Brandt
Roelof Klein
Hermanus Brockmann[5]
unknown cox[6]
フランス フランス (FRA)
Société Nautique de la Marne
Lucien Martinet
René Waleff
unknown cox
フランス フランス (FRA)
Rowing Club Castillon
Carlos Deltour
Antoine Védrenne
Raoul Paoli
舵付きフォア[7] フランス フランス (FRA)
Cercle de l'Aviron Roubaix
Henri Bouckaert
Jean Cau
Émile Delchambre
Henri Hazebrouck
Charlot
フランス フランス (FRA)
Club Nautique de Lyon
Georges Lumpp
Charles Perrin
Daniel Soubeyran
Émile Wegelin
unknown cox
ドイツ ドイツ (GER)
Favorite Hammonia
Wilhelm Carstens
Julius Körner
Adolf Möller
Hugo Rüster
Gustav Moths[8]
Max Ammermann
ドイツ ドイツ (GER)
Germania Ruder Club, Hamburg
Gustav Goßler
Oskar Goßler
Walter Katzenstein
Waldemar Tietgens
Carl Goßler
オランダ オランダ (NED)
Minerva Amsterdam
Coenraad Hiebendaal
Geert Lotsij
Paul Lotsij
Johannes Terwogt
Hermanus Brockmann
ドイツ ドイツ (GER)
Ludwigshafener Ruderverein
Ernst Felle
Otto Fickeisen
Carl Lehle
Hermann Wilker
Franz Kröwerath
エイト アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 (USA)
Vesper Boat Club
William Carr
Harry DeBaecke
John Exley
John Geiger
Edwin Hedley
James Juvenal
Roscoe Lockwood
Edward Marsh
Louis Abell
ベルギー ベルギー (BEL)
Royal Club Nautique de Gand
Jules De Bisschop
Prospère Bruggeman
Oscar de Somville
Oscar De Cock
Maurice Hemelsoet
Marcel Van Crombrugge
Frank Odberg
Maurice Verdonck
Alfred Van Landeghem
オランダ オランダ (NED)
Minerva Amsterdam
François Brandt
Johannes van Dijk
Roelof Klein
Ruurd Leegstra
Walter Middelberg
Hendrik Offerhaus
Walter Thijssen
Henricus Tromp
Hermanus Brockmann

参加国[編集]

8の国から108人が参加した。

各国メダル数[編集]

国・地域
1 フランス フランス 2 3 1 6
2 ドイツ ドイツ 1 1 2 3
3 混合チーム 混合チーム 1 0 0 1
アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 1 0 0 1
5 オランダ オランダ 0 1 1 2
6 ベルギー ベルギー 0 1 0 1
7 イギリス イギリス 0 0 1 1

舵取りの謎[編集]

フランソワ・ブラント英語版オランダ語版(左)、ルロフ・クレイン英語版オランダ語版とその舵取り。舵つきペアの決勝後

舵つきペア競技では、出場した7艇のうち6艇の舵取りの名前が明らかになっていない。そのほとんどが体重25kg前後のフランスの少年であり、フランスのボートが有利になるようにした[9]。優勝したオランダの選手は、ヒートに負けた後に自分たちの舵取りが重すぎると判断し、フランス人の少年を決勝戦の舵取りとして採用した。この少年は名前が不明であるが、史上最年少のオリンピック金メダリストである可能性が高いと考えられている(以前は7歳から10歳と推定されていた)[10][11]。12歳から14歳である可能性が高いと推定する人もいる[9]。ある研究者はこの不明のかじ取りは、後に科学者となりジョージアにスポーツを普及させたギオルギ・ニコラゼグルジア語版(Giorgi Nikoladze、1888年 - 1931年)である可能性があると主張している[12][13]

脚注[編集]

  1. ^ Rowing at the 1900 Paris Summer Games”. Sports Reference. 2018年7月22日閲覧。
  2. ^ 1900年パリオリンピックのボート競技”. Sports Reference LLC. 2020年4月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年4月6日閲覧。
  3. ^ Why do we race 2000m? The history behind the distance”. International Rowing Federation (2017年5月1日). 2018年8月4日閲覧。
  4. ^ Despite information from some sources (DutchNews), the IOC continues to attribute this medal to Mixed Team, as it must be shown in the IOC database (IOC-DB-1, IOC-DB-2).
  5. ^ Brockmann was the coxswain for the Dutch team in the semifinal, but not in the final, in which an unknown French boy participated as coxswain. Brockmann is considered a gold medalist by the IOC and is listed in that organization's medal database.
  6. ^ The unknown cox actually was maybe 12 years old kid Giorgi Nikoladze of Georgia, then Russian Empire - future famous scientist and founder of Shevardeni Society as established in recent RESEARCH by Dr Paata Natsvlishvili, Georgia NOC foundation member アーカイブ 2019年3月31日 - ウェイバックマシン but this research is not convincing (Histoire secrète du sport, François Thomazeau, La Découverte, 2019.).
  7. ^ Due to wrangling about who would be allowed to compete in the coxed four final, two finals were held for that competition. Both finals are considered Olympic championships by the International Olympic Committee.
  8. ^ The German team changed the coxswain after the semi-final. Gustav Moths participated only in the semi-final and Max Ammermann participated in the final. However, the IOC medal database credits the bronze medal only to Gustav Moths.
  9. ^ a b Bijkerk, Tony (Spring 1997). “ROWING AT THE GAMES OF THE 2ND OLYMPIAD, PARIS 1900”. Journal of Olympic History 5 (1). "I want to state that in my humble opinion this young boy might still be one of the youngest gold-medal winners in the Olympic Games ever, but he is certainly not younger than 12 to 14 years old, as can be deducted from the enclosed photograph. ...nothing can be found about the ages from the coxes from the French rowing teams in Paris 1900. I am quite certain that when the age from these boys could be found, they must have been even younger than the one in the Dutch boat; who had already been discarded because of his weight!" 
  10. ^ This Boy Might Be the Youngest Ever Olympian—No One Knows Who He Is”. The Wall Street Journal. 2019年8月10日閲覧。
  11. ^ Kamper, Erich; Mallon, Bill (1992). The Golden Book of the Olympic Games. Milan: Vallardi & Associati. ISBN 978-88-85202-35-1 
  12. ^ Natsvlishvili, Paata (2016). “Was the "Unknown French Boy" in 1900 actually from Georgia?”. Journal of Olympic History 24 (3). http://isoh.org/wp-content/uploads/2015/03/309.pdf. 
  13. ^ Natsvlishvili, Paata (2016年). “GIORGI NIKOLADZE: "UNKNOWN FRENCH BOY"”. Olympic World Library. Tbilisi, Georgia: Georgian Sports Journalists Association. 2020年4月閲覧。

参考文献[編集]