1901年の航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1901年 社会 0 政治/経済/法/労働/教育/交通/鉄道
文化・芸術 0 映画(日本公開)/音楽/日本のテレビ
ラジオ/芸術/文学/出版/スポーツ
科学・技術 0 科学/気象・地象・天象/台風/航空
地域 0 日本/日本の女性史

< 1901年

1900年の航空 - 1901年の航空 - 1902年の航空

航空に関する出来事[編集]

ラインハルト・シューリンクらの気球
「ナンバー21」(ディック・ハウエルによる画)
  • 1901年 - 王立航空クラブが創設される。
  • 1901年 - アメリカ合衆国で、ラングレイ教授によって、内燃機関を搭載した模型飛行機による初の飛行が行われる。
  • 1901年 - ライト兄弟が風洞実験により翼の設計を改善し、複葉の第2号グライダーを製作する。
  • 1901年 - 矢頭良一、「飛学原理」の論文を独自に著し、森鴎外に飛行機製作の構想を明らかにする。その後1907年頃まで飛行機の研究を行う。
  • 1901年 - フランスのルボーディ兄弟がモワザンに格納庫を作り、半硬式飛行船の製造を始める。
  • 7月31日 - ラインハルト・シューリンクアルトゥル・ベルソンが、開放式のゴンドラの気球で高度10,800 mに達した。
  • 8月14日 - ドイツ系アメリカ人グスターヴ・ホワイトヘッド「ナンバー21」が米国コネチカット州ブリッジポートで800mの安定した動力飛行に成功したと言われるが、物的証拠はない。
  • 10月19日 - ブラジル人アルベルト・サントス・デュモン半硬式飛行船"Nr. 6"で制限時間以内にエッフェル塔を周回し、この飛行にかけられた懸賞のドゥーチ賞と賞金100,000フランを獲得する。
  • 10月 - オーストリアで、ヴィルヘルム・クレスの水上機が離水に失敗して大破。
  • 12月 - 日本陸軍の徳永熊雄中尉ら2名が気球による500mの飛行を行い、電話線で連絡を行い、空中写真を撮影する。

航空に関する賞の受賞者[編集]

関連項目[編集]