1903年の政治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

1903年の政治(1903ねんのせいじ)では、1903年(明治36年)の政治分野に関する出来事について記述する。

できごと[編集]

小松宮彰仁親王。ヨーロッパに倣い皇族が軍務に着くことを率先垂範した。また、国際交流や社会事業にも熱心で、各種団体の総裁職に就き皇族の公務の在り方を示した。

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

無鄰庵母屋。会議は母屋に隣接する洋室で行われた。
  • 4月20日 - 小村寿太郎外相、清国政府にロシアの7ヶ条要求拒否を勧告。
  • 4月21日 - 山縣有朋桂太郎、小村寿太郎、伊藤博文らが京都の山縣の別荘、無鄰庵に集まり会議(無鄰庵会議)。さしあたり、満州、韓国に関してロシアとの交渉路線による解決を方針とする。
  • 4月23日 - 英、ボーア戦争と義和団の乱における戦費の総額が2億7,304万6,000ポンドと発表。この金額は次年度1904年度予算の半分に相当する巨額なものであった。
  • 4月27日 - 清、ロシアの7ヶ条要求を拒否。
  • 4月28日 - アレクセイ・クロパトキン露陸軍大臣が、極東視察に出発。
  • 4月30日 - ドイツ、疾病保険法改正。労働者の保証期間が13週間から26週間に延長。

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

セルゲイ・ウィッテ伯。強硬派のヴャチェスラフ・プレーヴェ内相や侍従武官ベゾブラーゾフとの権力闘争に敗北し蔵相を罷免された。

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 同年の第19回帝国議会は12月5日から11日までの7日間。