1906年の政治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

1906年の政治(1906ねんのせいじ)では、1906年(明治39年)の政治分野に関する出来事について記述する。

できごと[編集]

西園寺公望

1月[編集]

2月[編集]

戦艦ドレッドノート。イギリス海軍当局は、新造戦艦建造に当たり、日本海海戦を徹底研究した。ドレッドノートの出現により、戦艦三笠ボロジノなどは一挙に旧式化した。

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

  • 8月1日
  • 8月4日 - 日露通商条約交渉開始。
  • 8月5日 - カージャール朝のムザッファル・アッディーン・シャーが国民の要求に屈し、国会の召集に同意する。
  • 8月15日 - ローマ教皇ピウス10世がフランスの政教分離政策に反対し、回勅『グラビッシモ・オフィキィ』を出す。
  • 8月25日 - ピョートル・ストルイピン露首相暗殺未遂事件。

9月[編集]

南アフリカ時代のガンディー(1906年)

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]