1907年の相撲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

1907年の相撲(1907ねんのすもう)は、1907年の相撲関係のできごとについて述べる。

できごと[編集]

東京相撲の常設館の建設が決まり、江戸時代以来永らく興行場所となってきた本所回向院での興行が終わる。

本場所など[編集]

  • 1月場所(東京相撲)[1]
    • 興行場所:本所回向院
    • 1月8日より晴天10日間興行
  • 1月場所(大阪相撲)[2]
    • 興行場所:難波新川土橋西詰
    • 晴天10日間興行
  • 5月場所(東京相撲)[3]
    • 興行場所:東両国元町
    • 5月10日より晴天10日間興行
  • 6月場所(大阪相撲)[4]
    • 興行場所:難波新川土橋西詰
    • 晴天10日間興行
  • 8月場所(東京大阪合併相撲)[5]
    • 興行場所:南地五階
    • 晴天10日間興行
  • 11月場所(京都大阪合併相撲)[6]
    • 興行場所:四条磧
    • 晴天5日間興行

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 酒井, pp. 207-209.
  2. ^ 酒井, p. 209.
  3. ^ 酒井, pp. 210-212.
  4. ^ 酒井, p. 212.
  5. ^ 酒井, pp. 212-213.
  6. ^ 酒井, p. 213.

参考文献[編集]

  • 酒井忠正 『日本相撲史 中巻』 ベースボール・マガジン社、1964年6月1日