1913年のスポーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

できごと[編集]

総合競技大会[編集]

アイスホッケー[編集]

大相撲[編集]

優勝掲額者

優勝旗手

ゴルフ[編集]

世界4大大会(男子)[編集]

自転車競技[編集]

ロードレース[編集]

テニス[編集]

グランドスラム[編集]

この年のウィンブルドン選手権を観戦した小泉信三が、ワイルディングの著書“On the Court and Off”(テニスコートの内外で)を現地イギリスから日本に送った。この本をきっかけに、日本テニス界は「硬式テニス」への挑戦に動き出した。

野球[編集]

アメリカ大リーグ[編集]

誕生[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 頼住一昭「体育人と身体感 21 永井 道明(1868〜1950)」、『体育の科学』第57巻第5号、杏林書院、2007年5月、 377-381頁、 NAID 40015447887