1914年の政治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

1914年の政治では、1914年大正3年)の政治分野に関する出来事について記述する。

できごと[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

  • 5月4日 - 第32臨時議会召集。
  • 5月11日 - 山本権兵衛前首相及び斎藤実前海相を予備役に編入。
  • 5月19日 - 軍法会議、松本和前艦政本部長に懲役3年、追徴金40万9800円、沢崎寛猛大佐に懲役1年、追徴金1万1500円の判決。

6月[編集]

逮捕されるガヴリロ・プリンツィプ

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

  • 9月2日 - 日本軍、ドイツ租借地山東省に上陸。
  • 9月3日 - 第34臨時議会召集。
  • 9月5日~12日 - マルヌ会戦。ドイツ帝国軍のシェリーフェン・プランが挫折、短期決戦から長期戦へと戦局が転換。
  • 9月18日 - 英国で第3次アイルランド自治法成立(戦時中は施行延期)。

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 小野稔『骨董金側懐中時計』新潮社 ISBN 4-10-373901-0
  2. ^ a b 『歴史群像太平洋戦史シリーズ21 金剛型戦艦』p.84-86『シーメンス事件』

参考文献[編集]

  • 小野稔『骨董金側懐中時計』新潮社 ISBN 4-10-373901-0
  • 『歴史群像太平洋戦史シリーズ21 金剛型戦艦』学習研究社 ISBN 4-05-602016-7