1919年の航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1919年 社会 0 政治/経済/法/労働/教育/交通
文化・芸術 0 映画(日本公開)/音楽/日本のテレビ
ラジオ/芸術/文学/出版/スポーツ
科学・技術 0 科学/気象・地象・天象/台風/鉄道/航空
地域 0 日本/日本の女性史

< 1919年

1918年の航空 - 1919年の航空 - 1920年の航空

航空に関する出来事[編集]

ファルマン ゴリアト
  • 1919年 - レイモンド・オルティーグが、ニューヨークとパリ間の無着陸飛行にオルティーグ賞を設ける。
  • 1919年 - フランスのアルベール・カコーが、航空宇宙博物館の設立を提案し、これが現在のル・ブルジェ航空宇宙博物館となった。
  • 2月18日 - リュシアン・ボスートロが操縦するファルマン ゴリアトが、11人の乗客を乗せてパリからロンドンへの商業飛行を行った。
  • 3月 - 日本陸軍が、航空に関する各種技術の教育のためフランスから、フォール大佐(Jacques-Paul Faure)らの教育団を招聘する。
  • 4月 - 旅客輸送専用に作られた初の旅客機、British Aerial Transport Company F.K.26 'Commercial'が初飛行。設計はオランダ人のフリッツ・コールホーフェン。
  • 4月18日 - ルイ・ブレゲーがCompagnie Des Messageries Avienne(後のエールフランス)を設立し、ブレゲー 14でパリ - Lille間の商業飛行を行う。
カーチス NC-4 飛行艇
  • 5月5日 - 山縣豊太郎が「鶴羽」2号で日本の民間飛行士として初めて宙返り飛行を行った。[1]
  • 5月8日〜27日 - アメリカ海軍のカーチスNC-4飛行艇が、着水しながらの大西洋横断飛行に成功。ニューヨークのロングアイランドからポルトガルリスボンへの飛行だった。
  • 5月18日 - イギリスのパイロット、ハリー・ホーカーが大西洋横断飛行に挑戦した。不時着水して、航行中の船舶に救助され、6日後ヨーロッパに生還した。大西洋横断にかけられたデイリーメール賞の半分を受け取った。
  • 6月 - レモンド・ドラローシュが、女性の飛行の高度記録と、長距離飛行記録をつくった。
ビッカース ビミー

1919年に初飛行した機体の画像[編集]


航空に関する賞の受賞者[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 「図説国産航空機の系譜」松崎豊一
  2. ^ Convention relating to the regulation of Aerial Navigation”. 国際連盟. 2017年7月2日閲覧。