1921年のスポーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

できごと[編集]

総合競技大会[編集]

アメリカンフットボール[編集]

大相撲[編集]

優勝掲額者

優勝旗手

ゴルフ[編集]

世界4大大会(男子)[編集]

全米プロゴルフ優勝者:ウォルター・ヘーゲンアメリカ)]

自転車競技[編集]

ロードレース[編集]

総合優勝:ジョバンニ・ブルネーロイタリア
総合優勝:レオン・シウールベルギー

テニス[編集]

グランドスラム[編集]

全豪選手権は、この年までは男子シングルスのみ開催。1922年から女子シングルス競技が始まった。

デビスカップ[編集]

  • ワールドグループ・チャレンジラウンド決勝 アメリカ 5勝0敗 日本

日本代表チームがデビスカップに初参加した年。日本代表選手には熊谷一弥清水善造柏尾誠一郎の3名が選ばれたが、アメリカ代表選手のビル・チルデンビル・ジョンストン、ダブルス選手のリチャード・ウィリアムズワトソン・ウォッシュバーンに歯が立たなかった。[1]

野球[編集]

日本[編集]

中学野球[編集]

アメリカ大リーグ[編集]

誕生[編集]

死去[編集]