1923年の宝塚歌劇公演一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

本項目では、1923年の宝塚歌劇公演一覧について示す。

一覧[編集]

()内は、作者または演出者名。

宝塚公演[編集]

花組[編集]

  • 1月1日 - 1月20日 公会堂劇場
    • 親指姫』(白井鐡造
    • 『淸水詣』(小野晴通)
    • 『開闢以來』(坪内士行
    • 『吳服穴織』(久松一聲)
    • 『室咲』(池田畑雄)

月組[編集]

  • 3月20日 - 4月10日 宝塚新芸劇場(宝塚中劇場)
    • 『吉例三番叟』(阪東のしほ)
    • 『花王丸』(久松一聲)
    • 『護花鈴』(小野晴通)
    • 『琵琶記』(赤塚濱荻)
    • 『夜の潮』(坪内士行)
    • 『あこがれ』(岸田辰彌

花組[編集]

  • 4月11日 - 5月10日 宝塚新芸劇場(宝塚中劇場)
    • 『すくなびこな』(坪内逍遙
    • 『貞任の妻』(堀正旗
    • 『アミナの死』(岸田辰彌)
    • 『龍井寺由來』(久松一聲)
    • 蘇生』(堀正旗

月組[編集]

  • 5月11日 - 6月10日 宝塚新芸劇場(宝塚中劇場)
    • 『兄さん閉口』(坪内士行)
    • 『死の勝利』(堀正旗)
    • 『東天紅』(久松一聲)
    • 『采女禮讃』(小野晴通)
    • 『權利』(岸田辰彌)

花組[編集]

  • 7月10日 - 8月19日 宝塚新芸劇場(宝塚中劇場)
    • 『因幡兎』(坪内逍遙)
    • 『笛爭ひ』(久松一聲)
    • 『ドーパンの首』(岸田辰彌)
    • 『川霧』(坪内士行) 
    • 『檢察官』(堀正旗)

月組[編集]

  • 8月20日 - 9月20日 宝塚新芸劇場(宝塚中劇場)
    • 『湖水の妖女』(白井鐡造
    • 『淀殿』(小野晴通)
    • 『浮世』(坪内士行)
    • 『桶祝言』(久松一聲)
    • 『ガリガリ博士』(岸田辰彌)

花組[編集]

  • 9月25日 - 10月24日 宝塚新芸劇場(宝塚中劇場)
    • 『踊り王女』(白井鐡造)
    • 楊貴妃』(久松一聲)
    • 『マルチンの望』(岸田辰彌)  
    • 『松浦鏡』(小野晴通)
    • 『コスモポリタン』(ルジンスキー)

月組[編集]

  • 10月25日 - 11月30日 宝塚新芸劇場(宝塚中劇場)
    • 『バラの精』(白井鐡造)
    • 『琵琶島碑支』(久松一聲)
    • 『何も彼も』(坪内士行)
    • 『天狗草紙』(小野晴通)
    • 『角移し』(岡滿智子)

東京公演[編集]

月組[編集]

  • 6月27日 - 6月30日 帝国劇場
    • 『兄さん閉口』(坪内士行)
    • 『あこがれ』(岸田辰彌)
    • 『采女禮讃』(小野晴通)
    • 『東天紅』(久松一聲)
    • 『権利』(岸田辰彌)

宝塚・東京以外の公演[編集]

花組[編集]

  • 2月15日 - 2月22日 呉・広島・岡山
    • 『ゴザムの市民』(加藤邦)
    • 『出世怪童』(坪内士行)
    • 『那須の馬市』(久松一聲)
    • 『ジュリヤの結婚』(岸田辰彌)
    • 『榎の僧正』(久松一聲)
  • 3月3日 大阪・中央公会堂
    • 『那須の馬市』
    • 『ゴザムの市民』
    • 『ジュリヤの結婚』
    • 『榎の僧正』
  • 3月10日・11日 和歌山・弁天座
  • 6月3日 京都・岡崎堂公演
  • 6月13日・14日 大阪・中央公会堂
  • 7月3日 - 7月5日 名古屋・御園座
  • 11月10日・11日 名古屋・御園座
  • 12月8日・9日 大阪・中央公会堂
    • 『マルチンの望』(岸田辰彌)
    • 『松浦焼』(小野晴通)
    • 『新室咲』(池田畑雄)
    • 羅生門』(久松一聲)
    • 『コスモポリタン』(ルジンスキー)

参考文献[編集]

  • 宝塚歌劇90年史『すみれ花歳月を重ねて』p.253(宝塚)、273(東京)、288(宝塚・東京以外)(宝塚歌劇団) ISBN 4-484-04601-6
  • 『宝塚歌劇の60年』p.126(宝塚・東京以外)(宝塚歌劇団)