1923年のメジャーリーグベースボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

以下は、メジャーリーグベースボール(MLB)における1923年のできごとを記す。

1923年4月17日に開幕し10月15日に全日程を終え、ナショナルリーグニューヨーク・ジャイアンツが3年連続11度目のリーグ優勝を、アメリカンリーグニューヨーク・ヤンキースが同じく3年連続3度目のリーグ優勝をした。

ワールドシリーズはニューヨーク・ヤンキースが、ニューヨーク・ジャイアンツを4勝2敗で破り初制覇した。

できごと[編集]

ナショナルリーグはニューヨーク・ジャイアンツフランキー・フリッシュロス・ヤングス 、アイリッシュ・ミューゼル (弟のボブ・ミューゼルはヤンキースに在籍)の打線が好調でペナントレースを3連覇した。一方アメリカンリーグではこの年に新球場ヤンキースタジアムに移ったニューヨーク・ヤンキースベーブ・ルース が本塁打41本、打点131の二冠に輝き、打率も.393の自己最高打率で活躍して(首位打者はハリー・ハイルマン (DET) で打率.403)、ジャイアンツと同じくリーグ3連覇となった。

そしてワールドシリーズでは前年極端な不振に終わったルースが名誉を挽回して打率.368で本塁打3本打ち、第4戦以降ヤンキースが3連勝して初の世界一となった。

  • サイ・ウィリアムズ
    • この年のナショナルリーグの本塁打王は、フィラデルフィア・フィリーズのサイ・ウィリアムズで41本であった。ウイリアムズは1915年に12本、1920年に16本で最多本塁打であったが、それがこの年には41本に達し、飛ぶボールの時代を象徴している。
  • ロス・ヤングス
    • この年のナショナルリーグの最多得点はジャイアンツのロス・ヤングスの121であった。ヤングスは1918年から1924年まで7年連続3割を打ち、マグロー監督は「私が見た最も優秀な外野手」と高く評価した。大きなタイトルには縁が無かったが1921年からのジャイアンツのリーグ4連覇の時の中軸バッターで打ちまくった選手であった。1926年に腎臓病を患いシーズン途中から欠場し、再びポログラウンズに戻ることなく、翌1927年に30歳の若さで死去した。通算打率.323。(1972年殿堂入り)

ヤンキースタジアム完成[編集]

前年までジャイアンツの本拠地ポロ・グラウンズを借りていたヤンキースだが、マグロー監督に追い出される形となり、ポロ・グラウンズのハーレム川対岸のブロンクス地区に新しい球場ヤンキー・スタジアムを建設し、この年4月18日の開幕戦でオープンした。当時としては最大規模を誇り、始球式には当時のニューヨーク州知事アル・スミスが招かれ、試合は3回裏にルースが記念すべき球場第1号の本塁打を打って、4-1でヤンキースが快勝した。一方ワールドシリーズの球場第1号はルースではなく、ニューヨーク・ジャイアンツの選手が第1戦9回表に左中間へランニングホームランを打っている。このシリーズ第1号を打ったジャイアンツの選手の名前はケーシー・ステンゲル。後のヤンキース黄金時代の名監督となった人物である。

最終成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

アメリカンリーグ[編集]

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
1 ニューヨーク・ヤンキース 98 54 .645 --
2 デトロイト・タイガース 83 71 .539 16.0
3 クリーブランド・インディアンス 82 71 .536 16.5
4 ワシントン・セネタース 75 78 .490 23.5
5 セントルイス・ブラウンズ 74 78 .487 24.0
6 フィラデルフィア・アスレチックス 69 83 .454 29.0
7 シカゴ・ホワイトソックス 69 85 .448 30.0
8 ボストン・レッドソックス 61 91 .401 37.0

ナショナルリーグ[編集]

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
1 ニューヨーク・ジャイアンツ 95 58 .621 --
2 シンシナティ・レッズ 91 63 .591 4.5
3 ピッツバーグ・パイレーツ 87 67 .565 8.5
4 シカゴ・カブス 83 71 .539 12.5
5 セントルイス・カージナルス 79 74 .516 16.0
6 ブルックリン・ロビンス 76 78 .494 19.5
7 ボストン・ブレーブス 54 100 .351 41.5
8 フィラデルフィア・フィリーズ 50 104 .325 45.5

ワールドシリーズ[編集]

  • ヤンキース 4 - 2 ジャイアンツ
10/10 – ジャイアンツ 5 - 4 ヤンキース
10/11 – ヤンキース 4 - 2 ジャイアンツ
10/12 – ジャイアンツ 1 - 0 ヤンキース
10/13 – ヤンキース 8 - 4 ジャイアンツ
10/14 – ジャイアンツ 1 - 8 ヤンキース
10/15 – ヤンキース 6 - 4 ジャイアンツ

個人タイトル[編集]

アメリカンリーグ[編集]

打者成績[編集]

項目 選手 記録
打率 ハリー・ハイルマン (DET) .403
本塁打 ベーブ・ルース (NYY) 41
打点 ベーブ・ルース (NYY) 131
得点 ベーブ・ルース (NYY) 151
安打 チャーリー・ジェイミーソン (CLE) 222
盗塁 エディ・コリンズ (CWS) 48

投手成績[編集]

項目 選手 記録
勝利 ジョージ・ウール (CLE) 26
敗戦 ハーマン・ピレット (DET) 19
エディ・ロンメル (PHA)
防御率 スタン・コベレスキ (CLE) 2.76
奪三振 ウォルター・ジョンソン (WS1) 130
投球回 ジョージ・ウール (CLE) 357⅔
セーブ アレン・ラッセル (WS1) 9

ナショナルリーグ[編集]

打者成績[編集]

項目 選手 記録
打率 ロジャース・ホーンスビー (STL) .384
本塁打 サイ・ウィリアムズ (PHI) 41
打点 アイリッシュ・ミューゼル (NYG) 125
得点 ロス・ヤングス (NYG) 121
安打 フランキー・フリッシュ (NYG) 223
盗塁 マックス・キャリー (PIT) 51

投手成績[編集]

項目 選手 記録
勝利 ドルフ・ルケ (CIN) 27
敗戦 ウィルバー・クーパー (PIT) 19
防御率 ドルフ・ルケ (CIN) 1.93
奪三振 ダジー・ヴァンス (BRO) 197
投球回 バーリー・グライムス (BRO) 327
セーブ クラウド・ジョナルド (NYG) 5

表彰[編集]

シーズンMVP

出典[編集]

  • 『アメリカ・プロ野球史』第4章 栄光の日々とその余韻 102-103P参照 鈴木武樹 著 1971年9月発行 三一書房
  • 『米大リーグ 輝ける1世紀~その歴史とスター選手~』≪ロス・ヤングス≫ 60P参照 週刊ベースボール 1978年6月25日増刊号 ベースボールマガジン社
  • 『米大リーグ 輝ける1世紀~その歴史とスター選手~』≪1923年≫ 67P参照
  • 『メジャーリーグ ワールドシリーズ伝説』 1905-2000  上田龍 著 22-23P 92P参照 2001年10月発行 ベースボールマガジン社