1925年のル・マン24時間レース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1925年のル・マン24時間レース
前年: 1924 翌年: 1926
1925年のコース

1925年のル・マン24時間レース24 Heures du Mans 1925 )は、3回目のル・マン24時間レース[1][2]であり、1925年6月20日[1][2]から6月21日[1][2]にかけてフランスのサルト・サーキットで行われた。

概要[編集]

出走したのは49台[3][4]。イギリスからはベントレー[1]の他サンビーム[1]オースチン[1]、イタリアからO.M.(Officine Meccaniche[1]とディアット(Diatto[1]、アメリカからクライスラー[1]が出場するなど外国の会社が参加し始めた。

前回、1924年のル・マン24時間レースの優勝に気を良くしたベントレーは3リットル2台を出走させたが、ケンジントン・モワイア(Herbert Kensington Moir )/ダドリー・ベンジャフィールド(Dudley Benjafield )組はケンジントン・モワイアがガソリンを浪費して所定の給油前にガス欠による停車、ジョン・ダフ(Capt. John F. Duff )/フランク・クレモン(Frank Clement )組はSU製キャブレターのフロート破損によりガソリンが漏れて引火し火災でリタイヤした。完走は16台[3][4]

ジェラール・ド・カーセル(Gérard de Courcelles )/アンドレ・ロシニョール(André Rossignol )組[3]のロレーヌ・ディートリッシュ[1]が24時間で2233.982km[3][1][4]を平均速度93.082km/h[3][1]で走って優勝[3][1][4]した。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 『ル・マンの英国車』p.7「1925」。
  2. ^ a b c 『ルマン 伝統と日本チームの戦い』pp.27-154「ルマン24時間レースの歴史」。
  3. ^ a b c d e f 『ルマン 伝統と日本チームの戦い』p.223「資料1」。
  4. ^ a b c d 『ル・マン 偉大なる草レースの挑戦者たち』pp.298-303。

参考文献[編集]