1926年のル・マン24時間レース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1926年のル・マン24時間レース
前年: 1925 翌年: 1927
1926年のコース

1926年のル・マン24時間レース24 Heures du Mans 1926 )は、4回目[1]ル・マン24時間レース[2][3]であり、1926年6月12日から6月13日にかけてフランスのサルト・サーキットで行われた。

概要[編集]

出走したのは41台[1][4]

大幅に性能を上げた3リットルスーパースポーツモデルを1台とスピードモデルを2台持ち込んだベントレー[3]、地元フランス有名メーカーのプジョー[3]、去年優勝し実績のあるロレーヌ・ディートリッシュ[3]の戦いになった。

ベントレーは8号車スピードモデルが72周目1242.864km走ったところでエンジンバルブ損傷でリタイヤ[2]、9号車スーパースポーツモデルが105周目1812.510km走ったところでエンジンバルブ損傷でリタイヤ[2]、7号車スピードモデルは23時間138周2382.156km走ったところでミュルサンヌコーナーで横滑りし土手に激突してリタイヤとなった[2]

完走は13台[1][4]

ロベール・ブロッシュ(Robert Bloch[1]/アンドレ・ロシニョール(André Rossignol )組[1]のロレーヌ・ディートリッシュ[2][1]が24時間で2552.414km[1][2][4]を平均速度106.350km/h[1][2][注釈 1]で走り、1925年に続いて優勝[1][2]した。しかしヨーロッパには不況の波が押し寄せてどこのメーカーでもレースどころではなくなりつつあり、連覇したロレーヌ・ディートリッシュもこの年限りで参戦を取りやめた[3]

注釈[編集]

  1. ^ 総合優勝車の平均速度が100km/hを超えたのは初めて。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 『ルマン 伝統と日本チームの戦い』p.223「資料1」。
  2. ^ a b c d e f g h 『ル・マンの英国車』p.8「1926」。
  3. ^ a b c d e 『ルマン 伝統と日本チームの戦い』pp.27-154「ルマン24時間レースの歴史」。
  4. ^ a b c 『ル・マン 偉大なる草レースの挑戦者たち』pp.298-303。

参考文献[編集]