1926年の相撲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

1926年の相撲(1926ねんのすもう)は、1926年の相撲関係のできごとについて述べる。

できごと[編集]

1月場所より賜杯授与を開始。吸収合併で消滅する大阪相撲は最後の3月場所を台湾で実施、終了後に更に島内で8日間巡業を行った[1]

大坂相撲からの力士の技量審査として東西合同の場所が開かれ、その結果が翌1927年1月場所の番付に反映された。

台覧相撲[編集]

本場所[編集]

  • 1月場所(大阪相撲)[1]
    • 興行場所:台北
    • 1月13日より10日間興行
  • 1月場所(東京相撲)[3]
  • 第1回東西連盟大相撲(後半)[4]
    • 興行場所:大阪市扇町公演
    • 3月12日より晴天11日間興行
  • 5月場所(東京相撲)[5]
    • 興行場所:両国国技館
    • 5月13日より11日間興行
    • 118対75で西方勝利。旗手は大蛇山酉之助。個人優勝も大蛇山。
  • 第2回東西連盟大相撲[6]
    • 興行場所:天王寺区大軌電鉄停留所前空地
    • 10月8日より晴天11日間興行
    • 96対57で西方勝利。旗手は錦洋与三郎。個人優勝は常ノ花寛市

その他相撲披露[編集]

  • 11月2日-3日 - 明治神宮体育大会選士権競技 - 優勝は常ノ花寛市[7]

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 酒井, p. 378.
  2. ^ 酒井, p. 383.
  3. ^ 酒井, pp. 375-378.
  4. ^ 酒井, pp. 378-378.
  5. ^ 酒井, pp. 380-383.
  6. ^ 酒井, pp. 383-384.
  7. ^ 酒井, p. 384.

参考文献[編集]

  • 酒井忠正 『日本相撲史 中巻』 ベースボール・マガジン社、1964年6月1日