1927年KLMオランダ航空フォッカー F.VIII墜落事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1927年KLMオランダ航空フォッカー F.VIII墜落事故
フォッカー F.VIII
事故機と同型のフォッカー F.VIII
事故の概要
日付 1927年8月22日
概要 尾部垂直安定板の構造破損
現場 イギリスの旗 イギリス ケント州アンダーリバー英語版
乗客数 9
乗員数 2
負傷者数
(死者除く)
8
死者数 1
生存者数 10
機種 フォッカー F.VIII英語版
運用者 KLMオランダ航空
機体記号 H-NADU
出発地 イギリスの旗 クロイドン空港
目的地 オランダの旗 ヴァールハーフェン空港英語版
テンプレートを表示

1927年KLMオランダ航空フォッカー F.VIII墜落事故: 1927 KLM Fokker F.VIII crash)とは1927年8月22日にKLMオランダ航空フォッカー F.VIII英語版(機体記号:H-NADU)が尾部垂直安定板またはラダーの構造破損によりケント州アンダーリバー英語版に墜落した航空事故である。事故機はサリー州クロイドン発オランダ・ロッテルダムヴァールハーフェン空港英語版行きの国際定期便として運航していた。乗務員2人のうち1人が死亡し8人が負傷した。

航空機[編集]

事故機はフォッカー F.VIII H-NADU、c/n 4993であった。この航空機は1926年に製造され、1927年6月24日にKLMオランダ航空に就航した[1]

事故[編集]

1927年8月27日、H-NADU はクロイドンを午前8時07分に出発し[1]ロッテルダムへ向かった[2]。事故機は乗員2人、乗客9人、郵便物13キログラム (29 lb)、貨物144キログラム (320 lb)を積載していた。離陸の約10分後、尾部のネジを留めているテンションワイヤーが壊れ、ラダーと尾部垂直安定板がもぎ取られた。これにより事故機が操縦困難となり、事故は避けられなくなった[1]。事故機はアンダーリバー英語版の「セント・ジュリアンズ」 (St Julian's) と呼ばれる大きな家の敷地にある数本の木の頂部に激突した[3]。メカニックが、エンジンのうちの1基がぶつかった時に死亡した[4]。パイロットと乗客7人が負傷した[1]。尾部垂直安定板とラダーは事故機の残骸から1キロメートル (1,100 yd)以上離れた場所で回収された。事故機への損害はƒ68,985.07と評価された[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d H-NADU verongelukt in Sevenoaks (UK)” (Dutch). Aviacrash. 2011年1月25日閲覧。
  2. ^ a b 22.08.1927 H-NADU Fokker F.VIII 4993 Seven Oaks(G)” (Dutch). H Dekker. 2011年1月25日閲覧。
  3. ^ Ingleton, Roy (2010). Kent Disasters. Barnsley: Pen & Sword. pp. pp107-09. 
  4. ^ “The Fokker Disaster”. Flight (25 August 1927): 599. http://www.flightglobal.com/pdfarchive/view/1927/1927%20-%200653.html. 

座標: 北緯51度15分9秒 東経0度13分0秒 / 北緯51.25250度 東経0.21667度 / 51.25250; 0.21667