1930年代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
千年紀: 2千年紀
世紀: 19世紀 - 20世紀 - 21世紀
十年紀: 1900年代 1910年代 1920年代 - 1930年代 - 1940年代 1950年代 1960年代
: 1930年 1931年 1932年 1933年 1934年 1935年 1936年 1937年 1938年 1939年
世界恐慌 ダストボウル 日中戦争 アメリア・イアハート 塩の行進 ヒンデンブルク号爆発事故 国家社会主義ドイツ労働者党
上段: (左)世界恐慌の時にドロシア・ラングによって撮影された、フローレンス・オーウェンズ・トンプソン英語版の写真。(中心上)干ばつにより米国の農場に広がるダストボウル。(中心下)1938年、日中戦争時に行われた広東作戦英語版。(右)米国飛行の象徴となったパイロット、アメリア・イアハート
下段: (左上)1930年の塩の行進で、抗議のためにインド洋を歩くマハトマ・ガンディー。(左下)1937年、レイクハースト海軍飛行場で起きたヒンデンブルク号爆発事故によって36名が死亡し、飛行船の旅客運送が幕を閉じる。(右)ドイツ独裁者であるアドルフ・ヒトラーナチスは、ナチス・ドイツがヨーロッパの覇権を握ることによって新たな秩序を作り出すことを試みたが、1939年のドイツによるポーランド侵攻第二次世界大戦の勃発をもたらした。

1930年代(せんきゅうひゃくさんじゅうねんだい)は、西暦グレゴリオ暦)1930年から1939年までの10年間を指す十年紀

できごと[編集]

1930年[編集]

1931年[編集]

1932年[編集]

1933年[編集]

1934年[編集]

1935年[編集]

1936年[編集]

1937年[編集]

  • 日本製綿製品のダンピングを制限する日米綿業協定が成立[1]
  • 輸出入品等に関する臨時措置に関する法律、臨時輸出入許可規則が施行。金属材料や綿製品など輸出入品について商工省が販売価格を統制し、商工大臣は資源の割当てや販売価格を決める民間の統制団体を指定していった。
  • 日本中華民国間において日中戦争支那事変)が勃発し、イギリス船舶によるアメリカ製防衛装備の中国への輸出が解禁(アメリカ中立法

1938年[編集]

1939年[編集]

経済[編集]

文化[編集]

人物[編集]

ヨーロッパとアメリカ[編集]

政治と軍事[編集]

哲学と思想[編集]

文学[編集]

芸術[編集]

音楽[編集]

ファッション[編集]

映画・演劇・舞踏[編集]

科学技術[編集]

スポーツ[編集]

探検[編集]

その他[編集]

ラテン・アメリカ[編集]

アフリカ[編集]

インド[編集]

東南アジア[編集]

中央アジア[編集]

中国[編集]

日本[編集]

脚注[編集]

注釈

出典

[ヘルプ]
  1. ^ 神戸新聞『米国綿織物恊会満場一致で日米綿業協定を承認 日米の通商競争激成の危機は解消』、1937年2月19日。神戸大学新聞記事文庫。
  2. ^ 大阪毎日新聞『自主から強権へ統制完成に驀進 オールスフ時代実現まで』、1938年6月29日。神戸大学新聞記事文庫。

関連項目[編集]

  • ウィキメディア・コモンズには、1930年代に関するカテゴリがあります。
  • ウィキメディア・コモンズには、1930年代の日本に関するカテゴリがあります。