1934年のグランプリ・シーズン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1934年のグランプリシーズン
前年: 1933 翌年: 1935
1934年フランスグランプリのスタート前の様子。ドイツ勢は信頼性の問題で脱落し、スクーデリア・フェラーリルイ・シロンが優勝した。

1934年のグランプリ・シーズンAIACRヨーロッパ・ドライバーズ選手権のタイトルが設けられなかった2年間におけるグランプリ・シーズンである。 アキーレ・ヴァルツィが6つのグランプリに勝利して最多勝を挙げたドライバーとなった。アルファロメオのマシンが開催された35のグランプリのうち18を制し1934年シーズンを席巻した。

シーズン概要[編集]

1934年シーズンは750kgフォーミュラが施行される最初のグランプリ・シーズンとなった。新レギュレーションの狙いは、パワーの増加で危険性が増したグランプリマシンのスピードを抑制することにあったが、結果的に軽量かつハイパワーのマシンが登場し、グランプリは更に高速化した[1]。好転する経済状況の中、メルセデス・ベンツはグランプリに復帰することを決定し、新レギュレーションに合わせてメルセデス・ベンツ・W25を開発した。新興のアウトウニオンもまた自社の知名度を上げるべく フェルディナンド・ポルシェの設計図を利用したアウトウニオン・タイプAで参戦した[1][2]。 7月のフランスグランプリに登場したメルセデスW25アウトウニオン・タイプAアルファロメオ・P3ブガッティ・T59英語版マセラティ・8CM英語版といったライバルを大きく上回る性能を見せたが、信頼性の問題から共にリタイアした。ドイツグランプリ以降のグラン・エプルーヴはドイツ勢の独壇場となり、関税をめぐる揉め事への抗議からドイツ勢が棄権したベルギーグランプリを除いて全勝した[1]。メルセデスで復帰したカラツィオラは9月のイタリアグランプリで久しぶりの勝利を挙げたが、負傷の影響からレース途中でファジオーリと交代することを余儀なくされた[3]スクーデリア・フェラーリギ・モル英語版は24歳という若さながらモナコグランプリでルイ・シロンを退けて優勝したほか、アウトウニオン勢との対決となったアヴスレンネンでも優勝するなど活躍したが、8月にペスカーラ・サーキットで行われたコッパ・アチェルボのレース中に事故死した。

グラン・エプルーヴ[編集]

開催日 レース サーキット ファステストラップ 優勝者 コンストラクター レポート
4月2日 モナコの旗 モナコグランプリ モンテカルロ市街地コース イタリア王国の旗 カルロ・フェリーチェ・トロッシ フランスの旗 ギ・モル アルファロメオ 詳細
7月1日 フランスの旗 フランスグランプリ リナ・モンレリ英語版 モナコの旗 ルイ・シロン モナコの旗 ルイ・シロン アルファロメオ 詳細
7月15日 ナチス・ドイツ ドイツグランプリ ニュルブルクリンク ナチス・ドイツ ハンス・シュトゥック ナチス・ドイツ ハンス・シュトゥック アウトウニオン 詳細
7月29日 ベルギーの旗 ベルギーグランプリ スパ・フランコルシャン イタリア王国の旗 アントニオ・ブリヴィオ フランスの旗 ルネ・ドレフュス ブガッティ 詳細
9月9日 イタリア王国の旗 イタリアグランプリ モンツァ・サーキット ナチス・ドイツ ハンス・シュトゥック ナチス・ドイツ ルドルフ・カラツィオラ メルセデス・ベンツ 詳細
イタリア王国の旗 ルイジ・ファジオーリ
9月23日 スペインの旗 スペイングランプリ ラサルテ・サーキット英語版 ナチス・ドイツ ハンス・シュトゥック イタリア王国の旗 ルイジ・ファジオーリ メルセデス・ベンツ 詳細

その他のグランプリ[編集]

開催日 レース サーキット 優勝者 コンストラクター レポート
2月18日 スウェーデンの旗 ヴァレントゥナ・レース ヴァレントゥナ湖 ナチス・ドイツ パウル・ピーチュ アルファロメオ 詳細
2月25日 ノルウェーの旗 ノルウェーグランプリ ミョーサ湖 スウェーデンの旗 パーヴィクトル・ウィーデングレン アルファロメオ 詳細
4月22日 イタリア王国の旗 チルクイート・ディ・ピエトロ・ボルディーノ アレッサンドリア市街地コース イタリア王国の旗 アキーレ・ヴァルツィ アルファロメオ 詳細
5月6日 イタリア王国の旗 トリポリグランプリ英語版 メラハ・サーキット イタリア王国の旗 アキーレ・ヴァルツィ アルファロメオ 詳細
5月13日 フィンランドの旗 フィンランドグランプリ インタルハ公園 ノルウェーの旗 ユージン・ビョルンスタッド アルファロメオ 詳細
5月20日 フランスの旗 モロッコグランプリ アンファ市街地コース モナコの旗 ルイ・シロン アルファロメオ 詳細
5月20日 イタリア王国の旗 タルガ・フローリオ ピッコロ・マドニエ イタリア王国の旗 アキーレ・ヴァルツィ アルファロメオ 詳細
5月20日 ベルギーの旗 グランプリ・ド・フロンティエ シメイ市街地コース ベルギーの旗 ウィリー・ロングヴィル ブガッティ 詳細
5月27日 ナチス・ドイツ アヴスレンネン アヴス フランスの旗 ギ・モル アルファロメオ 詳細
5月27日 フランスの旗 ピカルディグランプリ ペロンヌ市街地コース フランスの旗 ブノア・ファルケット マセラティ 詳細
6月2日 イギリスの旗 マニン・モア ダグラス・サーキット英語版 イギリスの旗 ブライアン・ルイス アルファロメオ 詳細
6月3日 ナチス・ドイツ アイフェルレンネン ニュルブルクリンク ナチス・ドイツ マンフレート・フォン・ブラウヒッチュ メルセデス・ベンツ 詳細
6月3日 スイスの旗 モントルーグランプリ モントルー市街地コース イタリア王国の旗 カルロ・フェリーチェ・トロッシ アルファロメオ 詳細
6月17日 スペインの旗 ペーニャ・リン・グランプリ モンジュイック・サーキット イタリア王国の旗 アキーレ・ヴァルツィ アルファロメオ 詳細
7月8日 フランスの旗 マルヌグランプリ ランス・グー モナコの旗 ルイ・シロン アルファロメオ 詳細
7月15日 フランスの旗 ヴィシー グランプリ ヴィシー市街地コース イタリア王国の旗 カルロ・フェリーチェ・トロッシ アルファロメオ 詳細
7月22日 イタリア王国の旗 コッパ・チアーノ英語版 モンテネーロ・サーキット イタリア王国の旗 アキーレ・ヴァルツィ アルファロメオ 詳細
7月22日 フランスの旗 アルビグランプリ アルビ市街地コース イギリスの旗 ルパート・フェザーストンホー マセラティ 詳細
7月22日 フランスの旗 ディエップ グランプリ ディエップ市街地コース フランスの旗 フィリップ・エトンスラン マセラティ 詳細
8月15日 イタリア王国の旗 コッパ・アチェルボ英語版 ペスカーラ・サーキット イタリア王国の旗 ルイジ・ファジオーリ メルセデス・ベンツ 詳細
8月19日 フランスの旗 ニースグランプリ ニース市街地コース イタリア王国の旗 アキーレ・ヴァルツィ アルファロメオ 詳細
8月26日 フランスの旗 コマンジュグランプリ サン・ゴーダンス市街地コース イタリア王国の旗 ジャンフランコ・コモッティ アルファロメオ 詳細
8月26日 スイスの旗 スイスグランプリ ブレムガルテン・サーキット ナチス・ドイツ ハンス・シュトゥック アウトウニオン 詳細
9月2日 イタリア王国の旗 チルクイート・ディ・ビエッラ ビエッラ市街地コース イタリア王国の旗 カルロ・フェリーチェ・トロッシ アルファロメオ 詳細
9月9日 フランスの旗 U.M.F. グランプリ リナ・モンレリ英語版 フランスの旗 ブノア・ファルケット アルファロメオ 詳細
9月30日 チェコスロバキアの旗 チェコスロヴァキアグランプリ ブルノ市街地コース ナチス・ドイツ ハンス・シュトゥック アウトウニオン 詳細
10月3日 ブラジルの旗 リオデジャネイロ グランプリ ガヴェア市街地コース ブラジルの旗 イリネウ・コヘア フォード 詳細
10月6日 イギリスの旗 ドニントンパークトロフィー ドニントンパーク アメリカ合衆国の旗 ホイットニー・ストレート マセラティ 詳細
10月13日 イギリスの旗 マウンテン・チャンピオンシップ ブルックランズ アメリカ合衆国の旗 ホイットニー・ストレート マセラティ 詳細
10月14日 イタリア王国の旗 チルクイート・ディ・モデナ モデナ市街地コース イタリア王国の旗 タツィオ・ヌヴォラーリ マセラティ 詳細
10月21日 イタリア王国の旗 ナポリグランプリ ポジリポ市街地コース イタリア王国の旗 タツィオ・ヌヴォラーリ マセラティ 詳細
10月28日 フランスの旗 アルジェリアグランプリ アルジェ市街地コース フランスの旗 ジャン=ピエール・ウィミーユ ブガッティ 詳細

シーズン結果[編集]

グランプリ優勝者[編集]

ドライバー[編集]

ドライバー名 勝利数
グラン
エプルーヴ
イタリア王国の旗 アキーレ・ヴァルツィ 6 0
モナコの旗 ルイ・シロン 3 1
イタリア王国の旗 ルイジ・ファジオーリ 3 2 (1シェアドライブ)
ナチス・ドイツ ハンス・シュトゥック 3 1
イタリア王国の旗 カルロ・フェリーチェ・トロッシ 3 0
フランスの旗 ブノア・ファルケット 2 0
フランスの旗 ギ・モル 2 1
イタリア王国の旗 タツィオ・ヌヴォラーリ 2 0
アメリカ合衆国の旗 ホイットニー・ストレート 2 0
ノルウェーの旗 ユージン・ビョルンスタッド 1 0
ナチス・ドイツ ルドルフ・カラツィオラ 1 1 (シェアドライブ)
イタリア王国の旗 ジャンフランコ・コモッティ 1 0
フランスの旗 ルネ・ドレフュス 1 1
フランスの旗 フィリップ・エトンスラン 1 0
イギリスの旗 ルパート・フェザーストンホー 1 0
イギリスの旗 ブライアン・ルイス 1 0
ベルギーの旗 ウィリー・ロングヴィル 1 0
ナチス・ドイツ マンフレート・フォン・ブラウヒッチュ 1 0
フランスの旗 ジャン=ピエール・ウィミーユ 1 0

コンストラクター[編集]

コンストラクター名 勝利数
グラン
エプルーヴ
イタリア王国の旗 アルファロメオ 18 2
イタリア王国の旗 マセラティ 7 0
ナチス・ドイツ メルセデス・ベンツ 4 2
ナチス・ドイツ アウトウニオン 3 1
フランスの旗 ブガッティ 3 1

参考文献[編集]

  • Leif Snellman and Hans Etzrodt. “1934”. The Golden Era of Grand Prix Racing. 2007年7月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年8月5日閲覧。
  • Galpin, Darren. “1934 Grands Prix”. The GEL Motorsport Information Page. 2007年8月5日閲覧。

脚注[編集]

  1. ^ a b c Etzrodt, Hans. “1934 GRAND PRIX SEASON”. The Golden Era of Grand Prix Racing. 2016年11月15日閲覧。
  2. ^ ノイバウア, アルフレッド 『スピードこそ我が命』 橋本茂春訳、荒地出版社、1968年、61頁。
  3. ^ カラツィオラ, ルドルフ 『カラツィオラ自伝』 高斎正訳、二玄社、1969年、86-87頁。