1934年の大日本東京野球倶楽部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1934年の大日本東京野球倶楽部
球団組織
取締役会長 大隈信常
経営母体 株式会社大日本東京野球倶楽部
監督 市岡忠男(総監督)
三宅大輔(監督)
浅沼誉夫(監督)
1935 »

1934年の大日本東京野球倶楽部(1934ねんのだいにほんとうきょうやきゅうくらぶ)では、1934年の大日本東京野球倶楽部における動向をまとめる。

この年の11月に全米選抜野球チームが来日し、全日本チームと全国各地で対戦した興行が成功したことを受け、12月26日、丸の内の日本工業倶楽部で開催された創立総会において、読売ジャイアンツの前身となる大日本東京野球倶楽部が創立された。創立メンバーは11月の全日本チームを中心とした19名で構成され、創立総会で発表された。また、創立後の活動として、投手・捕手3名をさらに補充し、翌1935年に米国へ遠征する意向であることが発表された[1]

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 創立メンバーとして発表されたが、入団を辞退した。記録上は創立メンバーとして扱われている。

出典[編集]

  1. ^ a b c 読売新聞1934年12月27日付 7面
  2. ^ 読売新聞1934年11月3日付 2面
  3. ^ 読売新聞1934年11月21日付 5面
  4. ^ 巨人軍年表巨人球団公式サイト

関連項目[編集]