1936年の野球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

< 1936年 | 1936年のスポーツ

競技結果[編集]

日本プロ野球[編集]

公式戦[編集]

第1回日本職業野球リーグ戦(春季)[編集]

このシーズンは7球団のうち東京巨人軍を除く6球団が参加したが3つの大会全て参加したのは名古屋金鯱軍を除く5球団で、長期リーグ戦ではなく、甲子園大会・鳴海大会・宝塚大会の3つの大会による短期リーグ戦で、優勝球団はもちろん全球団の順位を定めなかった。

球団 甲子園大会 鳴海大会 宝塚大会
() 勝(引)敗 勝(引)敗
東京巨人軍 アメリカ合衆国遠征のため、不参加
大阪タイガース 3(0)2 1(0)1 1(0)1
名古屋軍 2(0)3 1(0)1 0(0)2
東京セネタース 4(0)1 3(0)0 2(0)0
阪急軍 2(0)3 1(0)2 2(0)0
大東京軍 0(1)4 0(0)2 0(0)2
名古屋金鯱軍 3(1)1 不参加

※網掛けは各大会の首位球団。

連盟結成記念全日本野球選手権(夏季)[編集]

このシーズンは7球団が参加し、東京市・大阪市・名古屋市の3大都市でトーナメント戦を行い、東京大会と名古屋大会は敗者復活戦付きで行われた。

球団 トーナメント戦
東京大会 大阪大会 名古屋大会
東京巨人軍 敗者復活戦敗退 1回戦敗退 敗者復活戦敗退
大阪タイガース 準決勝敗退 1回戦敗退 首位
名古屋軍 首位 準決勝敗退(シード) 敗者復活後敗退
東京セネタース 決勝敗退 決勝敗退 準決勝敗退
阪急軍 準決勝敗退 首位 決勝敗退
大東京軍 敗者復活戦敗退 1回戦敗退 敗者復活戦敗退
名古屋金鯱軍 敗者復活後敗退 準決勝敗退 準決勝敗退

※網掛けは各大会の首位球団。

各大会の首位球団でプレーオフを行い、最終的な優勝球団を決定する予定であったが、会場である野球場が確保できなかったため、プレーオフは開催されず、前シーズンに続いて優勝球団はもちろん全球団の順位を定めなかった。

第2回全日本野球選手権(秋季)[編集]

このシーズンは7球団が参加し、東京大会で総当たりリーグ戦を2回、大阪大会で総当たりリーグ戦2回、トーナメント戦1回、名古屋大会でトーナメント戦1回を行い、各大会の首位球団に勝ち点1(複数の場合は均等割り)を与え、最終的に勝ち点の多い球団を総合優勝とした。

球団 リーグ戦 トーナメント戦 リーグ戦 勝ち点
大阪大会 名古屋大会 大阪大会 東京大会 大阪大会 東京大会
勝(引)敗 成績 勝(引)敗 勝(引)敗 勝(引)敗
東京巨人軍 5(0)1 1回戦敗退 首位(シード) 4(0)2 5(0)1 2(0)4 2.5
大阪タイガース 4(0)2 首位 準決勝敗退 5(0)1 5(0)1 5(0)1 2.5
名古屋軍 3(0)3 1回戦敗退 1回戦敗退 5(0)1 2(0)4 2(0)4 0.5
東京セネタース 2(0)4 決勝敗退 1回戦敗退 3(0)3 2(0)4 3(0)3 0
阪急軍 3(1)2 準決勝敗退 決勝敗退 2(0)4 3(0)3 5(0)1 0.5
大東京軍 2(1)3 準決勝敗退(シード) 1回戦敗退 0(0)6 0(0)6 3(0)3 0
名古屋金鯱軍 1(0)5 1回戦敗退 準決勝敗退 2(0)4 4(0)2 1(0)5 0

※網掛けは各大会の首位球団。

東京巨人軍と大阪タイガースが勝ち点2.5で並んだため、両球団による年度優勝決定戦が洲崎球場で行われることになった[2]

  • 年度優勝決定戦
    • 第1試合(12月9日)東京巨人軍 5-3 大阪タイガース
    • 第2試合(12月10日)東京巨人軍 3-5 大阪タイガース
    • 第3試合(12月11日)東京巨人軍 4-2 大阪タイガース
個人タイトル[編集]
タイトル 選手 球団 成績
首位打者 中根之 名古屋 .376
本塁打王 古谷倉之助
山下実
藤村富美男
金鯱
阪急
大阪
2本
打点王 古谷倉之助 金鯱 23点
盗塁王 苅田久徳 東京セネタース 16個
最優秀防御率 景浦將 大阪 0.79
最多勝利 沢村栄治 巨人 13勝
最多奪三振 内藤幸三 金鯱 139個
最高勝率 景浦將 大阪 1.000

中等野球[編集]

大学野球[編集]

社会人野球[編集]

門司鉄道局門司市)5-1 満州倶楽部(大連市

メジャーリーグ[編集]

できごと[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

  • 9月18日 - 大東京の桜井七之助が対大阪戦(甲子園)で、8イニングを日本プロ野球記録(当時)の12与四球を記録[14]
  • 9月25日 - 巨人の沢村栄治が対大阪戦(甲子園)で、日本プロ野球史上初のノーヒットノーランを達成し、最終スコアは1対0だった[15]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

誕生[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 幻の“日本シリーズ” 〜フィルムからよみがえる選手たち〜”. クローズアップ現代. 日本放送協会. 2015年11月29日閲覧。
  2. ^ 2010年代になって、この試合を記録した2分程度の動画フィルムが神奈川県で発見され、NHKによる画像修正作業を経て2015年6月11日のNHK総合クローズアップ現代』で放送された[1]
  3. ^ a b c d e f g 岸野雄三 ほか 『近代体育スポーツ年表 1800→1997』 大修館書店1999年、164 - 165頁。ISBN 4469264083。
  4. ^ a b c d 『中日ドラゴンズ70年史』 中日ドラゴンズ 編、中日新聞社2006年、42頁。ISBN 4806205141。
  5. ^ リーグ組織の発足前では、1923年6月21日日本運動協会天勝野球団が日本のプロ野球球団同士における初めての試合が行われた。
  6. ^ 週刊ベースボール』、ベースボール・マガジン社2011年12月19日、 45頁。
  7. ^ a b 巨人軍年表”. 読売巨人軍公式サイト. 2015年11月29日閲覧。
  8. ^ 年度別成績”. 日本野球機構. 2015年11月29日閲覧。
  9. ^ 日本野球機構の公式サイトの年度別成績ではこのリーグ戦からの記録を記載している[8]
  10. ^ 宇佐美徹也 『日本プロ野球記録大鑑』 講談社1993年、853頁。ISBN 4062061082。
  11. ^ 宇佐美徹也 1993, p. 573.
  12. ^ 『阪神タイガース70年史 猛虎伝説』 ベースボール・マガジン社〈B.B.MOOK スポーツシリーズ〉、2005年、25頁。ISBN 4583613210。
  13. ^ タイガース70年史 2005, p. 20.
  14. ^ 宇佐美徹也 1993, p. 634.
  15. ^ 無安打無得点試合 (ノーヒットノーラン)”. 日本野球機構公式サイト. 2015年11月29日閲覧。
  16. ^ 宇佐美徹也 1993, pp. 617, 717.
  17. ^ それから62年後の1998年千葉ロッテマリーンズが更新するまでの日本プロ野球ワースト記録であった。