1937年全豪テニス選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

1937年 全豪テニス選手権(1937 Australian Championships)に関する記事。オーストラリアシドニー市内にある「ホワイトシティ・テニスクラブ」にて開催。

目次

大会の流れ

  • 本年度のシード選手については、男子シングルスは8名が選ばれ、女子シングルスは順位を定めていない。
  • 初期の全豪選手権のように、外国人出場者が少なかった時期は、地元オーストラリア人選手の国旗表示を省略する。

シード選手

男子シングルス

  1. ジャック・クロフォード (ベスト4)
  2. エイドリアン・クイスト (ベスト8)
  3. ビビアン・マグラス (初優勝)
  4. ジョン・ブロムウィッチ (準優勝)
  5. ドン・ターンブル (ベスト8)
  6. エーブ・ケイ (ベスト8)
  7. ハリー・ホップマン (ベスト4)
  8. レナード・シュワルツ (ベスト8)

大会経過

男子シングルス

準々決勝

準決勝

女子シングルス

準々決勝

準決勝

決勝戦の結果

  • 抽選表・シード選手:男子女子 (男子はGrand Slam Tennis Archive、女子はTennisForum.com提供スレッドによる)

参考文献

  • Our Open - 100 years of Australia's Grand Slam” (我らのオープン-オーストラリア・グランドスラムの100年史) News Custom Publishing, Victoria, Australia (2004) ISBN 1-876176-60-1
  • Bruce Matthews, “Game, Set and Glory: A History of the Australian Tennis Championships” (ゲーム・セット・栄冠-オーストラリア・テニス選手権の歴史) The Five Mile Press, Victoria, Australia (1985) ISBN 0-86788-078-3


先代:
1936年全米テニス選手権
テニス4大大会
1936年 - 1937年
次代:
1937年全仏テニス選手権
先代:
1936年全豪テニス選手権
全豪オープンテニス
1937年
次代:
1938年全豪テニス選手権

今日は何の日(9月21日

もっと見る