1939年の宝塚歌劇公演一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

本項目では、1939年の宝塚歌劇公演一覧について示す。

一覧[編集]

()内は、作者または演出者名。

宝塚公演[編集]

雪組[編集]

  • 1月1日 - 1月25日 宝塚大劇場
    • 『花と兵隊』(古富一郎) 
    • 『聨隊の娘』(白井鐵造
    • 『日本風俗繪巻』(宝塚文芸部 作、宇津秀男 演出)

花組[編集]

  • 1月26日 - 2月25日 宝塚大劇場
    • 『春は再び來たりぬ』(加藤忠松)  
    • 『日本歴史繪巻』(宝塚文芸部 構成、白井鐵造 演出)

月組[編集]

  • 2月26日 - 3月25日 宝塚大劇場
    • 『少國民に榮光あれ』(堀正旗)  
    • 『モロッコの豹』(中西武夫)  
    • 『宝塚花物語』(宝塚文芸部 構成、岡田・小野・堀・ほか合同)

雪組[編集]

  • 3月26日 - 4月25日 宝塚大劇場
    • 『春のをどり』(宝塚文芸部 構成)  
    • 『桃花春』(白井鐵造)

花組[編集]

  • 4月26日 - 5月25日 宝塚大劇場
    • 『太平洋行進曲』(海野啓一 作、岡田恵吉 改修・振付)
    • 『スペインの黒薔薇』(堀正旗)

月組[編集]

  • 5月26日 - 6月25日 宝塚大劇場
    • 『北京の蘭』(河田清史
    • 『祭禮の夜』(岡田恵吉)  
    • 『ブルウ・トランク』(中西武夫 構成、岡田恵吉 演出)

雪組[編集]

  • 6月26日 - 7月25日 宝塚大劇場
    • 『愛國大學生』(堀正旗)  
    • 『日本美女傳』(白井鐵造 構成・演出、小野・大森 脚本)

花組[編集]

  • 7月26日 - 8月25日 宝塚大劇場
    • 『科学者ベル』(中西武夫)
    • 『レッド・ホット・アンド・ブルウ』(岡田恵吉)

月組[編集]

  • 8月26日 - 9月24日 宝塚大劇場
    • 『翼のニッポン』(坪井正直)  
    • 『朝の歌』(岡田恵吉)  
    • 『我等の旅行記』(宇津秀男)

雪組[編集]

  • 9月26日 - 10月24日 宝塚大劇場
    • 『みち草』(東郷静男)  
    • 『日本名曲集』(白井鐵造 構成・演出、小野晴通 脚本)

花組[編集]

  • 10月26日 - 11月24日 宝塚大劇場
    • 『八幡船物語』(堀正旗) 
    • 『春怨』(岡田恵吉 振付)
    • 『色彩幻想曲』(東信一)

花組[編集]

  • 11月26日 - 12月28日 宝塚中劇場
    • 『歌のある繪本』(高木史朗
    • 『明治元年』(塩谷孝太郎)  
    • 『子供の四季』(坪田謙治 原作、中西武夫 脚本・演出)

東京公演[編集]

月組[編集]

  • 1月1日 - 1月29日 東京宝塚劇場
    • 『伯林 羅馬』(吉富一郎)
    • 『夜討』(楳茂都陸平
    • 『マーチ・オン・タイム』(岡田恵吉)

雪組[編集]

  • 2月1日 - 2月28日 東京宝塚劇場
    • 『独逸少年獻金隊』(堀正旗)
    • 『聯隊の娘』(白井鐵造)
    • 『日本風俗繪巻』(宝塚文芸部 構成、宇津秀男 演出)

花組[編集]

  • 3月3日 - 3月29日 東京宝塚劇場
    • 『春は再び來りぬ』(加藤忠松)
    • 『日本歴史繪巻』(宝塚文芸部 構成、白井鐵造 演出)

月組[編集]

  • 4月1日 - 4月30日 東京宝塚劇場
    • 『モロッコの豹』(中西武夫)
    • 『船辨慶』(水田茂)
    • 『春のをどり』(岡田恵吉)

雪組[編集]

  • 5月3日 - 5月31日 東京宝塚劇場
    • 『思ひ出のアルバム』(白井鐵造)
    • 『桃花春』(白井鐵造)

花組[編集]

  • 6月3日 - 6月26日 東京宝塚劇場
    • 『太平洋行進曲』(海野啓一 作、岡田恵吉 改作)
    • 『日本の女性』(楳茂都陸平)
    • 『スペインの黒薔薇』(堀正旗)

月組[編集]

  • 7月1日 - 7月30日 東京宝塚劇場
    • 『北京の蘭』(河田清史)
    • 『祭禮の夜』(岡田恵吉)
    • 『プルウ・トランク』(中西武夫 構成、岡田恵吉 演出)

雪組[編集]

  • 8月2日 - 8月29日 東京宝塚劇場
    • 『愛國大學生』(堀正旗)
    • 『日本美女傳』(白井鐵造 構成・演出、小野晴通・大森正男 脚本)

花組[編集]

  • 9月2日 - 9月28日 東京宝塚劇場
    • 『科学者ベル』(中西武夫)
    • 『光と影』(岡田恵吉)

月組[編集]

  • 10月1日 - 10月30日 東京宝塚劇場
    • 『翼の日本』(坪井正直)
    • 『朝の歌』(岡田恵吉)
    • 『我等の旅行記』(宇津秀男)

雪組[編集]

  • 11月2日 - 11月29日 東京宝塚劇場
    • 『みち草』(東郷静男)
    • 『日本名曲集』(白井鐵造 構成、小野晴通 脚本)

宝塚・東京以外の日本公演[編集]

  • 花組 1月4日 - 1月10日 京都宝塚劇場
    • 『二人の戦友』(堀正旗)
    • 『娘道成寺』(錢谷信昭)
    • 『三つのワルツ』(白井鐵造)
  • 月組 5月1日 - 5月9日 名古屋宝塚劇場
    • 『モロッコの豹』(中西武夫)
    • 『船辨慶』(水田茂)
    • 『宝塚花物語』(宝塚文芸部)
  • 雪組 6月2日 - 6月4日 岐阜
    • 『釣り友』
    • 『聯隊の娘』(白井鐵造)
    • 『想ひ出のアルバム』
  • 月組 11月2日 - 11月8日 名古屋宝塚劇場
    • 『翼の日本』(坪井正直)
    • 『朝の歌』(岡田恵吉)
    • 『我等の旅行記』(宇津秀男)
  • 選抜 11月2日 - 11月23日 金沢、富山、新潟、松本、甲府、横浜、静岡、岐阜)
    • 『興亞行進曲』(宝塚文芸部)
    • 『奴道成寺』(水田茂)
    • 『ジャンヌの扇』(白井鐵造)
    • 『日本美女伝』(白井鐵造)
  • 合同 12月5日 - 12月25日 大阪・北野劇場
    • 荒城の月』(東郷静男)
    • 『寶塚行進曲』(宇津秀男)
    • 『船辨慶』(水田茂)
    • 『歌舞伎繪巻』(白井鐵造)

海外公演[編集]

アメリカ公演[編集]

  • 1939年4月5日(水)[1]出発、7月4日(火)帰国。「訪米芸術使節団」として、ホノルル、サンフランシスコ、ニューヨーク、ロサンゼルス、シアトルなど全米9都市で公演。

公演日、公演地と公演会場

主な演目

『宝塚をどり』(宝塚音頭、三番叟、大川端、でつくり人形、大漁おどり、曾我、日光陽門、軍兵のおどり、ミス・トーキョー、豊年おどり、春の宵、ミス・オーサカ、シヤンソン・ニツポン、雪片、三味線、京都、追羽根、フイナーレ)『彦根屏風』『棒しばり』『獨唱』『娘道成寺』

参加スタッフ[2]

團長:吉岡重三郎
總監督:渋沢秀雄
庶務:三島通隆
背景:遠山静雄
生徒監:好本豊
舞臺監督:宇津秀男
  〃    :加藤忠松
音樂:酒井協
 〃 :津久井祐喜
小道具:馬來正太郎
  〃  :川合平
大道具:岡本常吉
  〃  :芦田長次郎
衣裳:小松榮
 〃 :木下眞
 〃 :吉川勝
鬘師:濱田菊夫
 〃 :中川吉廣
効果:菅原猛

選抜生徒(40名)

  • 加賀松乃
  • 有川恒子
  • 山葉まさえ
  • 響千鈴
  • 夢たづる
  • 雁音路子
  • 月宮みつる
  • 園生千草
  • 玉松いさを
  • 鶴萬龜子
  • 霧野都
  • 天城月江
  • 花木ほまれ
  • 三芳野衣子
  • 川瀨ふじの
  • 朝雲照代
  • 谷間小百合
  • 舞鶴あさひ
  • 宮川五十鈴

中国北部慰問公演[編集]

  • 1939年8月21日出発、9月24日帰国[3]。「北支皇軍慰問團」として、青島開封北京天津など中国国内13都市で公演[3]

皇軍慰問團日程[3]

主な演目[3]

『三番叟』『お小夜』『祇園小唄』『大漁をどり』『島の娘』『安來ぶし』『ないないづくし』『豐月踊』『花づくし』『九段の母』『釣り女』『三つ面』『山寺の和尙さん』『田植歌』『山中ぶし』『獅子舞』『子守』『お染』『福知山音頭』『草津ぶし』『棒しばり』ほか

参加スタッフ[3]

團長:引田一郎
庶務主任:萩原廣吉
樂長:中田劍次郎
樂員:筒井春男
〃 :藏原邦夫
〃 :前田潔
樂員:古瀨武
大道具方主任:坂本保三
道具方:西脇敏雄
 〃 :田中新造
衣裳係:膳師善三郎
 〃 :川崎米太郎

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 宝塚歌劇の80年史『夢を描いて 華やかに』p.371(宝塚歌劇団)
  2. ^ 引田一郎『渡米記念アルバム』(寶塚少女歌劇團、1939年9月1日)
  3. ^ a b c d e f 『歌劇』、宝塚少女歌劇団、1939年9月1日、234号

参考文献[編集]

  • 宝塚歌劇90年史『すみれ花歳月を重ねて』p.260(宝塚)、276(東京)、290(宝塚・東京以外の日本)、304(日本国外。但し、脚注を除く)(宝塚歌劇団) ISBN 4-484-04601-6
  • 『宝塚歌劇の60年』p.133(日本国外。但し、脚注を除く)(宝塚歌劇団)
  • 引田一郎『渡米記念アルバム』(寶塚少女歌劇團、1939年9月1日)