1939年のNFLドラフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
1939年のNFLドラフト
日程 1938年12月9日
開催地 ニューヨーク
会場 ニューヨーカー・ホテル
指名数 22巡200名
全体1位指名
カイ・オルドリッチ(C)
« 1938
1940 »

1939年のNFLドラフト(1939ねんのNFLどらふと)は、1938年12月9日に開催された第4回目のNFLドラフトニューヨークのニューヨーカー・ホテルで開催された[1]

ドラフト全体1位ではTCUのカイ・オルドリッチが指名された。2巡と4巡は5チームのみに指名権が与えられた。

ピッツバーグ・パイレーツは、1巡全体2位指名権をシカゴ・ベアーズ[2]、2巡全体11位指名権をブルックリン・ドジャースにトレードした。

1938年のハイズマン賞受賞者のデイビー・オブライエンは、1巡全体4位でフィラデルフィア・イーグルスに指名された。

Tフォーメーション、QBがクォーターバック

この年指名された選手の中からシド・ラックマンがプロフットボール殿堂入りを果たしている。当時NFLドラフトに指名された選手の中には、プロフットボールでプレーする意志のない選手が多く、ラックマンもその1人であったが、シカゴ・ベアーズのオーナー、ジョージ・ハラスはラックマンをTフォーメーションのクォーターバックと期待して契約にこぎつけた[3]。ラックマンは、1939年から1950年までシカゴ・ベアーズでプレーし、137タッチダウンパスをあげ[4]、その間ベアーズは4回NFLチャンピオンとなった(1940年1941年1943年1946年[5]。137タッチダウンパスをあげた彼は、長年ベアーズのチーム記録保持者であったが、2016年ジェイ・カトラーが彼の記録を更新した。近年のNFLのようにパス全盛期となる前の時代の選手であった彼は、1943年にNFL記録となるシーズン28タッチダウンパスを記録した[4]

指名選手一覧[編集]

1巡指名選手[編集]

指名順位 チーム 選手名 ポジション 出身大学
1 シカゴ・カージナルス カイ・オルドリッチ C TCU
2 シカゴ・ベアーズ シド・ラックマン QB コロンビア大学
3 クリーブランド・ラムズ パーカー・ホール バック ミシシッピ大学
4 フィラデルフィア・イーグルス デイビー・オブライエン バック TCU
5 ブルックリン・ドジャース ボブ・マクロード バック ダートマス大学
6 シカゴ・ベアーズ ビル・オシュマンスキー バック ホーリークロス大学
7 デトロイト・ライオンズ ジョン・ピンゲル バック ミシガン州立大学
8 ワシントン・レッドスキンズ I・B・ヘイル T TCU
9 グリーンベイ・パッカーズ ラリー・ビューラー バック ミネソタ大学
10 ニューヨーク・ジャイアンツ ウォルト・ニールセン バック アリゾナ大学

2巡以降の主な指名選手[編集]

指名順位 チーム 選手名 ポジション 出身大学
11 ブルックリン・ドジャース クラレンス・マンダース FB ドレイク大学
12 シカゴ・カージナルス マーシャル・ゴールドバーグ TB ピッツバーグ大学
13 クリーブランド・ラムズ ゲイロン・スミス FB サウスウェスタン大学
17 ピッツバーグ・パイレーツ ビリー・パターソン TB ベイラー大学
20 ブルックリン・ドジャース ワディ・ヤング OE オクラホマ大学
24 グリーンベイ・パッカーズ チャーリー・ブロック C ネブラスカ大学
26 ピッツバーグ・パイレーツ ヒュー・マカルー DB オクラホマ大学
38 ワシントン・レッドスキンズ ディック・トッド バック テキサス農工大学
49 グリーンベイ・パッカーズ ラリー・クレイグ E サウスカロライナ大学
76 シカゴ・ベアーズ レイ・ブレイ G 西ミシガン大学
78 ワシントン・レッドスキンズ ウィルバー・ムーア バック ミネソタ大学


98 ワシントン・レッドスキンズ ジム・ジャーマン バック センター大学
103 クリーブランド・ラムズ チェト・アダムズ T オハイオ大学
118 ワシントン・レッドスキンズ スティーブ・スリビンスキー G ワシントン大学
134 フィラデルフィア・イーグルス フォスター・ワトキンス バック ウェスト・テキサスA&M大学
138 ワシントン・レッドスキンズ エリック・ティプトン バック デューク大学
148 ワシントン・レッドスキンズ ディック・ファーマン T ワシントン州立大学
155 ブルックリン・ドジャース ジョン・シーガル E コロンビア大学
158 ワシントン・レッドスキンズ クライド・シュガート T アイオワ州立大学
166 シカゴ・ベアーズ ソリー・シャーマン バック シカゴ大学
175 ブルックリン・ドジャース フェレル・アンダーソン G カンザス大学
191 シカゴ・ベアーズ アルド・フォーテイ T モンタナ大学

殿堂入り選手[編集]

この年のドラフトで指名された選手のうち、1名がプロフットボール殿堂入りを果たしている。

  • シド・ラックマン - 1巡2位でシカゴ・ベアーズに指名された。1965年に殿堂入り。

脚注[編集]

  1. ^ Dan Salomone (2014年10月2日). “NFL Draft headed to Chicago in 2015”. ニューヨーク・ジャイアンツ. 2015年9月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月16日閲覧。
  2. ^ 100 moments for 100 years of the Bears: Chicago drafts Sid Luckman”. Chicago Now (2019年9月26日). 2020年7月16日閲覧。
  3. ^ Josh Katzowitz (2014年9月18日). “Remember When: Sid Luckman chose NFL instead of trucking business”. CBSスポーツ. 2020年7月16日閲覧。
  4. ^ a b Michael David Smith (2015年11月9日). “Jay Cutler passes Sid Luckman as Bears’ all-time TD pass leader”. NBCスポーツ. 2020年7月17日閲覧。
  5. ^ Scott Polacek (2016年11月). “Jay Cutler Passes Sid Luckman for Most TD Passes by a Bears QB”. ブリーチャーレポート. 2020年7月17日閲覧。