1939年全仏テニス選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

1939年 全仏テニス選手権(Internationaux de France de Roland-Garros 1939)に関する記事。フランスパリにある「スタッド・ローラン・ギャロス」にて開催。

目次

大会の流れ

  • 第2次世界大戦の開戦が近づき、本大会は男女とも出場選手が大幅に減少した。9月1日に世界大戦が勃発し、全仏選手権は1940年から1945年まで開催が中止された。
  • 男子シングルスは「55名」の選手による6回戦制で、女子シングルスは「27名」の選手による5回戦制で行われた。男子は9名、女子は5名の選手に「1回戦不戦勝」(抽選表では“Bye”と表示)があった。
  • 本年度はシード選手も少なく、男子は2名、女子は6名のみだった。

シード選手

男子シングルス

  1. アメリカ合衆国の旗 ボビー・リッグス (準優勝)
  2. Naval Ensign of the Kingdom of Yugoslavia.svg フラニョ・プンチェツ (ベスト8)

女子シングルス

  1. フランスの旗 シモーヌ・マチュー (優勝、大会2連覇)
  2. アメリカ合衆国の旗 サラ・ファビアン (ベスト8)
  3. ポーランドの旗 ヤドヴィガ・イェンジェヨフスカ (準優勝)
  4. イギリスの旗 メアリー・ハードウィック (ベスト8)
  5. オランダの旗 ロリン・コカーク (1回戦)
  6. フランスの旗 アーレット・ハルフ (ベスト8)

大会経過

男子シングルス

準々決勝

  • アメリカ合衆国の旗 ボビー・リッグス vs. ポーランドの旗 イグナツィ・チョチンスキ 6-2, 2-6, 8-6, 7-5
  • ハンガリーの旗 オットー・シゲティ vs. フランスの旗 クリスチャン・ボッサス 7-5, 1-6, 2-6, 7-5, 6-4
  • アメリカ合衆国の旗 エルウッド・クック vs. イギリスの旗 ヘンリー・ビリントン 6-4, 6-4, 6-1
  • アメリカ合衆国の旗 ドン・マクニール vs. Naval Ensign of the Kingdom of Yugoslavia.svg フラニョ・プンチェツ 6-4, 1-6, 6-3, 6-1

準決勝

女子シングルス

準々決勝

準決勝

決勝戦の結果

  • 全仏オープン公式サイト提供、PDF形式の抽選表(男子女子


先代:
1939年全豪テニス選手権
テニス4大大会
1939年
次代:
1939年ウィンブルドン選手権
先代:
1938年全仏テニス選手権
全仏オープンテニス
1939年
次代:
1946年全仏テニス選手権

今日は何の日(9月22日

もっと見る