1941年の日本競馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

< 1941年 | 1941年のスポーツ

馬齢は旧表記で統一する。

概要[編集]

京都農林省賞典四歳呼馬でのセントライト

公認競馬ではセントライトが、史上初の牡馬クラシック三冠馬となった。1939年の牡馬クラシック三冠の創設から3年目で三冠馬誕生となった[1]

できごと[編集]

1月 - 3月[編集]

4月 - 6月[編集]

7月 - 9月[編集]

10月 - 12月[編集]

その他[編集]

  • 戦時下の物資不足の影響から、帝室御賞典の優勝賞品が純銀製の花盛器から木製の楯に変更された[2]

競走成績[編集]

公認競馬の主な競走[編集]

リーディング[編集]

誕生[編集]

この年に生まれた競走馬は1944年のクラシック世代となる。

競走馬[編集]

人物[編集]

死去[編集]

競走馬[編集]

人物[編集]

  • 不明 - 末吉清 (騎手)

出典[編集]

  1. ^ a b 新版競馬歴史新聞 p26(競馬歴史新聞編集委員会編、日本文芸社、2004年、ISBN 4-537-25205-7)。
  2. ^ a b c 新版競馬歴史新聞 p27