1943年2月4日の日食

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
SE1943Feb04T.png

1943年2月4日の日食は、1943年2月4日に観測された日食である。中国ソ連(現在のロシア)、日本アラスカ準州カナダで皆既日食が観測され、北太平洋とその沿岸部で部分日食が観測された[1]

通過した地域[編集]

皆既帯が通過した、皆既日食が見えた地域は当時満州国統治下の中国東北部ソ連沿海地方(現在ロシアに属する)、日本北海道(以上の地域は現地時間2月5日)、アラスカ準州(現在アメリカアラスカ州)南東部、カナダユーコン準州北部(以上の地域は現地時間2月4日)だった[2][3]

また、皆既日食が見えなくても、部分日食が見えた地域は極東ソ連(現在の極東ロシア)東部、東アジア東部、フィリピンのほとんど(南西部を除く)、北アメリカ西部、北太平洋の島々だった。そのうち約半分が国際日付変更線の東にあり、2月4日に日食が見えた。残り半分は2月5日に見えた[1][4]

観測[編集]

中国で皆既日食当日の2月5日は旧正月だった。当時日中戦争があり、皆既帯が通過した全ての地域は満州国の統治下にあった。中国の科学家は皆既日食の観測をしなかった。ただ中華民国統治下の中国大陸で発行された中国国民党の機関紙「中央日報」で「東京皆既日食」という短い報道をした(実際は東京は皆既帯の外にあり、部分日食だけが見えた)[5]

日本水沢(現在奥州市の一部)にある国際緯度観測所(今国立天文台水沢VLBI観測所の前身)は北海道釧路市に観測隊を派遣し、及川誠一が皆既日食の写真を撮った[6]。釧路は北海道の中で日の出が早く、条件の良かった場所で、日の出から11分後の6時46分に日食が始まった。その後1時間5分ほどで太陽は月によって完全に覆い隠されて、2分間弱にわたって皆既日食が見られた。東京天文台(今は国立天文台に統合されている)は7つの観測隊を釧路市、厚岸町などに派遣し、観測が成功した[7]

アラスカ準州のスワードバルディーズコディアックなどで皆既日食が見えた。また、アラスカ最大都市であるアンカレッジは皆既帯の北縁にあり、市の南東部で皆既日食が見えた。アラスカ大学英語版は日食当日の2月4日で講座を開き、皆既日食を情報を解説した[8]

脚注[編集]

  1. ^ a b Fred Espenak. “Total Solar Eclipse of 1943 Feb 04”. NASA Eclipse Web Site. 2019年8月21日閲覧。
  2. ^ Fred Espenak. “Total Solar Eclipse of 1943 Feb 04 - Google Maps and Solar Eclipse Paths”. NASA Eclipse Web Site. 2019年8月21日閲覧。
  3. ^ Xavier M. Jubier. “Eclipse Totale de Soleil du 4 février 1943 - Cartographie Interactive Google (1943 February 4 Total Solar Eclipse - Interactive Google Map)”. 2019年8月21日閲覧。
  4. ^ Fred Espenak. “Catalog of Solar Eclipses (1901 to 2000)”. NASA Eclipse Web Site. 2019年8月21日閲覧。
  5. ^ 《新闻调查》 19970314 寻踪日全食”. 中国中央テレビ. 2019年8月21日閲覧。
  6. ^ 日本公开1943年拍摄的日全食照片”. 人民网科技频道. 2019年8月21日閲覧。
  7. ^ 北海道の広い範囲で皆既日食”. 日食ナビ. 2019年8月21日閲覧。
  8. ^ “Dr. Bramhall Lectures On Solar Eclipse”. Farthest-North Collegian (The University of Alaska). (1943-03-01). https://scholarworks.alaska.edu/bitstream/handle/11122/4311/fnc_v21%20no05.pdf.