1947年の大阪タイガース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1947年の大阪タイガース
成績
レギュラーシーズン優勝
79勝37敗3分 勝率.681[1]
本拠地
都市 兵庫県西宮市
球場
甲子園球場
Hanshin Koshien Stadium 2007-19.jpg
球団組織
監督 若林忠志(選手兼任)
« 1946
1948 »

1947年の大阪タイガース(1947ねんのおおさかタイガース)では、1947年シーズンの大阪タイガースの動向をまとめる。

この年の大阪タイガースは、職業野球公式戦再開2年目のシーズンである。1944年以来、3年ぶり4度目の優勝を果たした。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 呉昌征
2 塚本博睦
3 山口政信
4 藤村富美男
5 本堂保次
6 土井垣武
7 若林忠志
8 玉置玉一
9 長谷川善三
1947年日本野球連盟順位変動
順位 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 大阪 -- 大阪 -- 大阪 -- 大阪 -- 大阪 -- 大阪 --
2位 中日 0.5 中日 1.5 中日 6.0 中日 5.5 中日 8.5 中日 12.5
3位 南海 2.5 南海 7.0 南海 10.0 南海 10.5 南海 11.0 南海 19.0
4位 金星 7.5 阪急 10.0 巨人 13.0 阪急 14.5 阪急 12.5 阪急 20.5
5位 阪急 8.0 巨人 阪急 14.5 巨人 15.0 巨人 16.5 巨人 22.5
6位 太陽 8.0 金星 12.5 東急 18.0 太陽 17.5 太陽 21.5 東急 28.0
7位 東急 8.5 太陽 13.0 太陽 18.5 東急 22.0 東急 24.5 太陽 28.0
8位 巨人 9.0 東急 14.0 金星 20.0 金星 23.0 金星 25.5 金星 37.5
1947年日本野球連盟最終成績
順位 球団 勝率
優勝 大阪タイガース 79 37 3 .681 -
2位 中日ドラゴンズ 67 50 2 .573 12.5
3位 南海ホークス 59 55 5 .518 19.0
4位 阪急ブレーブス 58 57 4 .504 20.5
5位 読売ジャイアンツ 56 59 4 .487 22.5
6位 東急フライヤーズ 51 65 3 .440 28.0
7位 太陽ロビンス 50 64 5 .439 28.0
8位 金星スターズ 41 74 4 .357 37.5

選手・スタッフ[編集]

[2]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
若林忠志 最高殊勲選手 3年ぶり2度目
藤村富美男 打点王 71打点 3年ぶり2度目
御園生崇男 最高勝率 .750 9季ぶり3度目
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
土井垣武 捕手 初受賞
藤村富美男 三塁手 初受賞
金田正泰 外野手 初受賞

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 年度別成績 1947年 日本野球連盟”. 日本野球機構. 2017年8月8日閲覧。
  2. ^ ベースボールマガジン2002夏季号, ベースボールマガジン社, (2002), p. 102