1947年の相撲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

< 1947年 | 1947年のスポーツ

1947年の相撲(1947ねんのすもう)は、1947年の相撲関係のできごとについて述べる。

大相撲[編集]

できごと[編集]

  • 1月、金沢で璽光尊が検挙され、年寄時津風(元横綱・双葉山)が警察に保護される。
  • 3月、大阪準本場所、晴天11日間。横綱照國全勝優勝。
  • 6月、夏場所、明治神宮外苑で晴天10日間。栃錦が新入幕。この場所から同成績の時は優勝決定戦を各段とも行うことになる。
  • 10月、戦災死豊島の追善大相撲。協会役員改選で時津風が理事に当選。
  • 11月、秋場所、明治神宮外苑で晴天11日間。この場所から東西対抗制をやめて系統別総当たり制となる。この場所から三賞制度が発足。

本場所[編集]

  • 六月場所(明治神宮外苑、1~13日)
    幕内最高優勝 : 羽黒山政司(9勝1敗,5回目)
    優勝旗手: 力道山光浩
    十両優勝 : 出羽錦忠雄(9勝1敗)
  •  十一月場所(明治神宮外苑、3~14日)
    幕内最高優勝 : 羽黒山政司(10勝1敗,6回目)
    • 殊勲賞-出羽錦、敢闘賞-輝昇、技能賞-増位山
    十両優勝 : 國登國生(10勝1敗)

参考文献[編集]

  • 『大相撲戦後70年史』(ベースボールマガジン社、2015年)p39