1948年の南海ホークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
1948年の南海ホークス
成績
レギュラーシーズン優勝
87勝49敗4分 勝率.640[1]
本拠地
都市 兵庫県西宮市
球場
阪神甲子園球場
Hanshin Koshien Stadium 2007-19.jpg
球団組織
経営母体 南海電気鉄道
監督 鶴岡一人(山本一人)
« 1947
1949 »

1948年の南海ホークス(1948ねんのなんかいホークス)では、1948年南海ホークスの動向をまとめる。

この年の南海ホークスは、職業野球公式戦再開3年目のシーズンである。1946年以来、2年ぶり2度目の優勝を果たした。

概要[編集]

1947年の南海ホークスでふれたように運輸省の鉄道・バス会社再編計画に基づいて発足した近畿日本鉄道に代わって南海電気鉄道が親会社となったが、チームは3位で終えた。リベンジに燃える鶴岡監督は「もう一度優勝する」と意気込んで就任3年目のシーズンを迎えた。チームは開幕から絶好調で、前年優勝の阪神に一度は首位を譲ったが、阪神が8月以降失速して再び首位を奪回。終盤は巨人が追い上げるものの、これを振り切って2度目の優勝を達成。鶴岡監督の悲願が実現した。カード別成績では4位の阪急に9勝11敗(当時は20回総当たり)と負け越し完全優勝はならなかったが、この年は6位の大陽と相性がよく同一カード8連勝も含めて16勝3敗1分、最下位中日に12勝6敗2分と大きく勝ち越した。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 安井亀和
2 河西俊雄
3 田川豊
4 山本一人
5 飯田徳治
6 堀井数男
7 別所昭
8 阪田清春
9 朝井昇
1948年日本野球連盟順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 南海 -- 南海 -- 南海 -- 大阪 -- 南海 -- 南海 -- 南海 --
2位 大陽 4.0 阪急 6.0 大阪 4.5 南海 0.5 大阪 4.0 巨人 2.5 巨人 5.0
3位 中日 4.5 大阪 7.0 阪急 8.0 巨人 6.0 巨人 7.0 阪急 11.0 大阪 17.0
4位 大阪 5.0 金星 7.5 金星 10.0 阪急 7.0 阪急 12.5 大阪 11.0 阪急 20.0
5位 阪急 6.0 中日 11.0 巨人 13.5 金星 7.5 大陽 14.0 大陽 13.0 急映 24.5
6位 巨人 6.0 巨人 11.5 急映 15.0 中日 11.5 中日 15.0 金星 15.0 大陽 25.5
7位 急映 7.0 急映 12.0 大陽 15.5 急映 13.5 金星 15.5 急映 20.0 金星 25.5
8位 金星 7.5 大陽 13.0 中日 17.5 大陽 14.0 急映 20.0 中日 23.5 中日 34.5
1948年日本野球連盟最終成績
順位 球団 勝率
優勝 南海ホークス 87 49 4 .640 -
2位 読売ジャイアンツ 83 55 2 .601 5.0
3位 大阪タイガース 70 66 4 .515 17.0
4位 阪急ブレーブス 66 68 6 .493 20.0
5位 急映フライヤーズ 59 70 11 .457 24.5
6位 大陽ロビンス 61 74 5 .452 25.5
7位 金星スターズ 60 73 7 .451 25.5
8位 中日ドラゴンズ 52 83 5 .385 34.5

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[2]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
山本一人 最高殊勲選手 2年ぶり2度目
河西俊雄 盗塁王 66個 3年連続3度目
別所昭 最高勝率 .722 初受賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
別所昭 投手 2年連続2度目
木塚忠助 遊撃手 初受賞

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 年度別成績 1948年 日本野球連盟”. 日本野球機構. 2017年8月8日閲覧。
  2. ^ 『日本プロ野球80年史 1934-2014』【記録編】、ベースボール・マガジン社、2014年12月24日。ISBN 978-4-583-10668-7。