1948年の金星スターズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1948年の金星スターズ
成績
レギュラーシーズン7位
60勝73敗7分 勝率.451[1]
本拠地
都市 東京都
球場
後楽園球場
球団組織
オーナー 大塚幸之助
経営母体 大塚製作所
監督 藤本定義
« 1947
1949 »

1948年の金星スターズでは、1948年シーズンの金星スターズの動向をまとめる。

この年の金星スターズは、藤本定義監督の1年目のシーズンである。シーズン終了後、大映が球団を買収し「大映スターズ」に改称したため、「金星スターズ」として最後のシーズンである。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 坪内道則
2 酒沢政夫
3 清原初男
4 西沢道夫
5 玉腰忠義
6 伊勢川真澄
7 下社邦男
8 山田潔
9 木場巌
1948年日本野球連盟順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 南海 -- 南海 -- 南海 -- 大阪 -- 南海 -- 南海 -- 南海 --
2位 大陽 4.0 阪急 6.0 大阪 4.5 南海 0.5 大阪 4.0 巨人 2.5 巨人 5.0
3位 中日 4.5 大阪 7.0 阪急 8.0 巨人 6.0 巨人 7.0 阪急 11.0 大阪 17.0
4位 大阪 5.0 金星 7.5 金星 10.0 阪急 7.0 阪急 12.5 大阪 11.0 阪急 20.0
5位 阪急 6.0 中日 11.0 巨人 13.5 金星 7.5 大陽 14.0 大陽 13.0 急映 24.5
6位 巨人 6.0 巨人 11.5 急映 15.0 中日 11.5 中日 15.0 金星 15.0 大陽 25.5
7位 急映 7.0 急映 12.0 大陽 15.5 急映 13.5 金星 15.5 急映 20.0 金星 25.5
8位 金星 7.5 大陽 13.0 中日 17.5 大陽 14.0 急映 20.0 中日 23.5 中日 34.5
1948年日本野球連盟最終成績
順位 球団 勝率
優勝 南海ホークス 87 49 4 .640 -
2位 読売ジャイアンツ 83 55 2 .601 5.0
3位 大阪タイガース 70 66 4 .515 17.0
4位 阪急ブレーブス 66 68 6 .493 20.0
5位 急映フライヤーズ 59 70 11 .457 24.5
6位 大陽ロビンス 61 74 5 .452 25.5
7位 金星スターズ 60 73 7 .451 25.5
8位 中日ドラゴンズ 52 83 5 .385 34.5

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[2]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
受賞者なし
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
坪内道則 外野手 2年連続2度目

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 年度別成績 1948年 日本野球連盟”. 日本野球機構. 2017年9月21日閲覧。
  2. ^ ベースボールマガジン2002夏季号, ベースボールマガジン社, (2002), p. 154