1949年の南海ホークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
1949年の南海ホークス
成績
レギュラーシーズン4位
67勝67敗1分 勝率.500[1]
本拠地
都市 兵庫県西宮市
球場
阪神甲子園球場
Hanshin Koshien Stadium 2007-19.jpg
球団組織
経営母体 南海電気鉄道
監督 鶴岡一人(山本一人)
« 1948
1950 »

1949年の南海ホークス(1949ねんのなんかいホークス)では、1949年南海ホークスの動向をまとめる。

この年の南海ホークスは、職業野球公式戦再開4年目のシーズンである。

概要[編集]

前年優勝を果たし連覇が期待されたものの、不動のエース別所毅彦がオフに巨人へ移籍。投手陣の大黒柱が離脱したこともあり、チームは6月まで首位の巨人に4ゲーム差の2位とまずまずの結果を残したが、7月以降独走態勢の巨人に対し、南海は大きく貯金をすることができず一気に突き放されて貯金がなくなり最終的に8球団中4位で終えたが、Bクラスは免れた。対戦成績ではその巨人に7勝13敗と大きく負け越し、下位の東急に12勝8敗と勝ち越すのがやっとだった。シーズン終了後のプロ野球再編騒動により、南海は新加盟の毎日や同じ鉄道会社を親会社に持つ阪急などとともにパシフィック・リーグに加盟。ここから黄金時代が幕を開けるが、日本シリーズで優勝するまで10年の歳月を要した。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 安井亀和
2 河西俊雄
3 笠原和夫
4 山本一人
5 飯田徳治
6 堀井数男
7 木塚忠助
8 柚木進
9 筒井敬三
1949年日本野球連盟順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 --
2位 南海 3.0 大阪 4.0 南海 4.0 大阪 9.0 大阪 9.5 大映 14.5 阪急 16.0
3位 大阪 3.5 南海 4.5 大映 大映 9.5 阪急 12.0 阪急 16.0 大映 17.5
4位 大映 5.0 大映 7.0 大阪 5.0 阪急 11.0 大映 14.5 大阪 18.0 南海 18.5
5位 中日 6.5 阪急 9.5 阪急 7.0 南海 14.5 南海 15.5 南海 中日 19.5
6位 東急 8.0 中日 11.5 大陽 11.5 中日 17.5 東急 20.0 中日 20.0 大阪 20.5
7位 阪急 9.0 大陽 11.5 東急 14.0 東急 18.0 中日 20.5 東急 24.5 東急 23.0
8位 大陽 東急 12.0 中日 14.5 大陽 24.5 大陽 28.0 大陽 33.0 大陽 33.0
1949年日本野球連盟最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 85 48 1 .639 -
2位 阪急ブレーブス 69 64 3 .519 16.0
3位 大映スターズ 67 65 2 .508 17.5
4位 南海ホークス 67 67 1 .500 18.5
5位 中日ドラゴンズ 66 68 3 .493 19.5
6位 大阪タイガース 65 69 3 .485 20.5
7位 東急フライヤーズ 64 73 1 .467 23.0
8位 大陽ロビンス 52 81 0 .391 33.0

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[2]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
木塚忠助 盗塁王 59個 初受賞
武末悉昌 最多奪三振 183個 初受賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
木塚忠助 遊撃手 2年連続2度目

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 二軍独自の背番号

出典[編集]

  1. ^ 年度別成績 1949年 日本野球連盟”. 日本野球機構. 2017年8月8日閲覧。
  2. ^ 『日本プロ野球80年史 1934-2014』【記録編】、ベースボール・マガジン社、2014年12月24日。ISBN 978-4-583-10668-7。