1949年の読売ジャイアンツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1949年の読売ジャイアンツ
成績
レギュラーシーズン優勝
85勝48敗1分 勝率.639[1]
本拠地
都市 東京都文京区
球場
後楽園球場
Gthumb.svg
球団組織
オーナー 正力松太郎
経営母体 読売新聞社
監督 三原脩
 < 1948 1950 > 

1949年の読売ジャイアンツ(1949ねんのよみうりジャイアンツ)では、1949年シーズン読売ジャイアンツの動向をまとめる。

この年の読売ジャイアンツは、職業野球公式戦再開4年目のシーズンであり、1リーグ制最後のシーズンである。

概要[編集]

シーズン開幕前、南海のエース・別所と南海の契約交渉が難航し、交渉決裂。別所・南海ともに日本野球連盟に訴え出たところ、別所と巨人の事前交渉が発覚し、いわゆる「別所引き抜き事件」と呼ばれる事件に発展した。最終的に、別所は巨人に入団したが、開幕から2ヶ月間公式戦の出場停止処分が課されることになった。チームは開幕直後から独走し、2位以下を寄せ付けず、戦後職業野球再開後初の優勝を飾った。シーズン終了後、リーグ拡張を巡る紛争(詳細はプロ野球再編問題 (1949年))を経て、2リーグ制に移行することが決定し、巨人はセントラル・リーグに属することになった。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 白石敏男
2 千葉茂
3 青田昇
4 川上哲治
5 平山菊二
6 中島治康
7 山川喜作
8 藤原鉄之助
9 多田文久三
1949年日本野球連盟順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 --
2位 南海 3.0 大阪 4.0 南海 4.0 大阪 9.0 大阪 9.5 大映 14.5 阪急 16.0
3位 大阪 3.5 南海 4.5 大映 大映 9.5 阪急 12.0 阪急 16.0 大映 17.5
4位 大映 5.0 大映 7.0 大阪 5.0 阪急 11.0 大映 14.5 大阪 18.0 南海 18.5
5位 中日 6.5 阪急 9.5 阪急 7.0 南海 14.5 南海 15.5 南海 中日 19.5
6位 東急 8.0 中日 11.5 大陽 11.5 中日 17.5 東急 20.0 中日 20.0 大阪 20.5
7位 阪急 9.0 大陽 11.5 東急 14.0 東急 18.0 中日 20.5 東急 24.5 東急 23.0
8位 大陽 東急 12.0 中日 14.5 大陽 24.5 大陽 28.0 大陽 33.0 大陽 33.0
期間
成績
17勝6敗
勝率.739
12勝8敗
勝率.600
9勝9敗
勝率.500
16勝5敗
勝率.762
10勝6敗1分
勝率.625
12勝6敗
勝率.667
9勝8敗
勝率.529
1949年日本野球連盟最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 85 48 1 .639 -
2位 阪急ブレーブス 69 64 3 .519 16.0
3位 大映スターズ 67 65 2 .508 17.5
4位 南海ホークス 67 67 1 .500 18.5
5位 中日ドラゴンズ 66 68 3 .493 19.5
6位 大阪タイガース 65 69 3 .485 20.5
7位 東急フライヤーズ 64 73 1 .467 23.0
8位 大陽ロビンス 52 81 0 .391 33.0

個人成績[編集]

主な投手成績[編集]

  • 色付き規定投球回(180イニング)以上の選手
  • 太字はリーグ最高
選手















































W
H
I
P
 
/[[]]|

主な打撃成績[編集]

  • 色付き規定打席(打数300かつ試合数100)以上の選手
  • 太字はリーグ最高
選手











































O
P
S
 
/[[]]|

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[2]

  • 登録名変更
    • 呉元敞→萩原寛
  • 守備位置登録変更
    • 内藤博文 外野手→内野手

表彰選手[編集]

藤本英雄(投手、初受賞)
川上哲治(一塁手、3年連続4度目)
千葉茂(二塁手、3年連続3度目)

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 年度別成績 1949年 日本野球連盟”. 2017年8月8日閲覧。
  2. ^ 読売巨人軍公式HP 背番号変遷”. 2015年10月5日閲覧。