1949年ドイツ連邦議会選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1949年ドイツ連邦議会総選挙
Bundestagswahl 1949
西ドイツ
ドイツの旗 1938年 ←
1949年8月14日 (1949-08-14)
→ 1953年

連邦議会 全402議席[注釈 1]
投票率 78.5%
  第1党 第2党 第3党
  Bundesarchiv B 145 Bild-F078072-0004, Konrad Adenauer.jpg K.Schumacher.jpg Bundesarchiv B 145 Bild-P001512, Franz Blücher 2.jpg
党首 コンラート・
アデナウアー
クルト・
シューマッハー
フランツ・
ブリュッヒャー
政党 キリスト教
民主同盟
社会民主党 自由民主党
同盟 キリスト教
民主・社会同盟
党首就任 1946年 1946年 1949年
獲得議席 139 131 52
得票数 7,359,084 6,934,975 2,829,920
得票率 31.0% 29.2% 11.9%

  第4党 第5党 第6党
  Bundesarchiv Bild 183-S99067, Berlin, III. SED-Parteitag.jpg Replace this image JA.svg Replace this image JA.svg
党首 マックス・
ライマン
ジョセフ・
バウムガルトナー
ハインリッヒ・
ヘルウェグ
政党 共産党 バイエルン民族党 ドイツ党
党首就任 1949年 1946年 1947年
獲得議席 15 17 17
得票数 1,361,706 986,478 939,934
得票率 5.7% 4.2% 4.0%

Bundestagwahl 1949.svg

得票結果

選出首相

コンラート・アデナウアー
CDU/CSU

1949年ドイツ連邦議会選挙(1949ねん ドイツれんぽうぎかいせんきょ、ドイツ語: Bundestagswahl 1949)は、ドイツ連邦共和国(当時西ドイツ)で1949年8月14日に行われた連邦議会下院)の総選挙である。

概要[編集]

第二次世界大戦後、アメリカ合衆国イギリスフランスの3カ国によって占領されていた西側部分(西ドイツ)において、憲法に該当するボン基本法が議会評議会(各州議会の代表者65名で構成)によって作られた。

議会評議会での選挙制度に関する議論は、ドイツ社会民主党(SDP)と自由民主党(FDP)は比例代表制を、キリスト教民主・社会同盟(CDU/CSU)とドイツ党(DP)は小選挙区制をそれぞれ主張していた。最終的に、折衷案として小選挙区比例代表併用制の導入で合意した。

1949年5月にドイツ連邦共和国として再出発することになり連邦選挙法は、同年6月15日に公布された。そして連邦議会の議員を選出するための選挙が同年8月に行われることになった。

選挙データ[編集]

  • 連邦議会定数:400議席
  • 選挙制度[1]:小選挙区比例代表併用制
  1. 総議席数の60%に当たる240議席は小選挙区から選出(実際の選挙区数は242選挙区)。
  2. 残る160議席は、州毎に比例代表制で選出する。
  3. 有権者は、小選挙区の候補者にのみ投票する。それを所属政党の比例区得票として計算する。
  4. 比例代表で議席配分を受けるためには、少なくとも一つの州で5%以上の得票を得るか、小選挙区で1議席を獲得する必要がある。
  5. 西ベルリンは人口比に応じて議会の間接選挙で議員を選出したが、議案投票権は付与されていない。

なお、フランス保護領となっていたザール地域は総選挙に参加していない。

選挙活動[編集]

選挙結果[編集]

シューマッハー率いるSDPは第一党となったものの、アデナウアー率いるCDU/CSUが連携しているFDP、DPを合わせて定数の過半数を獲得した。

議席配分要件を超えた政党は10党で、超過議席は2議席(CDU/CSU1、SPD1)であった。

また、西ベルリン議会から間接選挙で選出された議席は1949年に8議席(CDU2、SPD5、FDP1)。1952年2月にさらに11議席(CDU3、SPD4、FDP4)増加した。

e • d  西ドイツの旗 1949年ドイツ連邦議会総選挙 (1949年8月14日施行)
Bundestag composition 1949.svg
政党 議席数 小選挙区 比例区 西ベルリン
議席数 得票数 得票率 議席数 議席数
社会民主党 (SPD) 131 96 6,934,975 29.2% 35 9
キリスト教民主同盟 (CDU) 115 91 5,978,636 25.2% 24 5
自由民主党 (FDP) 52 12 2,829,920 11.9% 40 5
キリスト教社会同盟 (CSU) 24 24 1,380,448 5.8% 0 0
ドイツ共産党 (KPD) 15 0 1,361,706 5.7% 15 0
バイエルン民族党 (BP) 17 11 986,478 4.2% 6 0
ドイツ党 (DP) 17 5 939,934 4.0% 12 0
中道党 (DZP) 10 0 727,505 3.1% 10 0
経済再生連合 (WAV) 12 0 681,888 2.9% 12 0
ドイツ保守党・右翼党 (DKP-DRP) 5 0 429,031 1.8% 5 0
南シュレースヴィヒ有権者連盟 (SSW) 1 0 75,388 0.3% 1 0
無所属 3 3 1,141,647 4.8% - 0
急進的社会自由党 (RSF) 0 0 216,749 0.9% 0 0
ドイツ欧州人民運動 (EVD) 0 0 26,162 0.1% 0 0
ライン川・ヴェストファーレン人民党 (RWVP) 0 0 21,931 0.1% 0 0
総計 402 242 23,732,398 100.0% 160 19
有効票数(有効率) - - 23,732,398 96.88% - -
無効票・白票数(無効率) - - 763,216 3.12% - -
投票総数(投票率) - - 24,495,614 78.49% - -
棄権者数(棄権率) - - 6,712,006 21.51% - -
有権者数 - - 31,207,620 100.0% - -
出典: Federal Returning Officer, Nohlen & Stöver

選挙後[編集]

9月15日に行われた首相選出のための議会投票でCDUのコンラート・アデナウアーがSPDのクルト・シューマッハーを破って初代連邦首相に選出され、CDU/CSU、FDP、DPの四党連立の第一次アデナウアー内閣ドイツ語版が発足した。

注釈[編集]

  1. ^ 西ベルリン議会から選出された8議席を除く。

脚注[編集]

  1. ^ 西平重喜『各国の選挙』木鐸社、285頁

参考文献[編集]

  • eletion.de
  • 西平重喜『各国の選挙』木鐸社

関連項目[編集]