1950年の中日ドラゴンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
1950年の中日ドラゴンズ
成績
セントラル・リーグ2位
89勝44敗4分 勝率.669[1]
本拠地
都市 愛知県名古屋市
球場
ナゴヤ球場
Gthumb.svg
球団組織
経営母体 中日新聞社
監督 天知俊一
« 1949
1951 »

1950年の中日ドラゴンズ(1950ねんのちゅうにちドラゴンズ)では、1950年の中日ドラゴンズにおける動向をまとめる。

この年の中日ドラゴンズは、2リーグ制1年目のシーズンであり、天知俊一監督の2年目のシーズンである。

概要[編集]

この年の中日は球団史上最多となるシーズン89勝を記録したが[2]、6月の3勝10敗が大きく響いて(それ以外の月で勝ち越し)、セ・リーグ最多となる98勝を挙げた松竹ロビンスに及ばず8球団中2位に終わった。投手陣は杉下茂服部受弘がともに20勝以上をあげ、宮下信明が14勝、近藤貞雄が10勝と、2桁勝利投手を4人出したもののそれ以外の投手が不調で、チーム防御率は3.73のリーグ3位だった。打撃陣は坪内道典西沢道夫杉山悟らの活躍もありチーム本塁打は144本でリーグ2位と打ちまくった。シーズン終了後、中日新聞社名古屋鉄道の共同経営となったことにより、球団の名称を「名古屋ドラゴンズ」に変更したため、「中日ドラゴンズ」の名称は一時姿を消すことになった。

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 坪内道典
2 原田徳光
3 西沢道夫
4 杉山悟
5 杉浦清
6 野口明
7 松本和雄
8 国枝利通
9 清水秀雄
1950年セントラル・リーグ順位変動
順位 3月終了時 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 10月終了時 最終成績
1位 中日 -- 中日 -- 松竹 -- 松竹 -- 松竹 -- 松竹 -- 松竹 -- 松竹 -- 松竹 --
2位 松竹 1.0 松竹 0.0 中日 1.0 中日 5.0 中日 5.0 中日 7.5 中日 9.0 中日 8.5 中日 9.0
3位 巨人 2.0 巨人 2.5 巨人 8.0 巨人 6.5 巨人 11.5 巨人 10.5 巨人 10.5 巨人 14.0 巨人 17.5
4位 大洋 3.0 大阪 10.0 大阪 10.0 大阪 8.5 大阪 14.5 大洋 20.0 大阪 22.5 大阪 25.5 大阪 30.0
5位 大阪 5.5 大洋 10.0 大洋 12.0 大洋 11.5 大洋 15.0 大阪 22.5 大洋 24.0 大洋 27.0 大洋 31.0
6位 西日本 7.0 西日本 11.5 西日本 18.0 西日本 19.0 西日本 22.0 西日本 28.5 西日本 34.5 西日本 43.5 西日本 48.5
7位 広島 7.5 広島 18.0 広島 20.0 広島 20.0 広島 25.5 広島 36.5 広島 43.0 広島 49.5 国鉄 57.5
8位 国鉄 10.0 国鉄 20.0 国鉄 27.0 国鉄 29.5 国鉄 34.5 国鉄 42.5 国鉄 48.5 国鉄 54.0 広島 59.0
1950年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 松竹ロビンス 98 35 4 .737 -
2位 中日ドラゴンズ 89 44 4 .669 9.0
3位 読売ジャイアンツ 82 54 4 .603 17.5
4位 大阪タイガース 70 67 3 .511 30.0
5位 大洋ホエールズ 69 68 3 .503 31.0
6位 西日本パイレーツ 50 83 3 .376 48.5
7位 国鉄スワローズ 42 94 2 .309 57.5
8位 広島カープ 41 96 1 .299 59.0

[1]

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[3]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
杉下茂 最多奪三振 233個 初受賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
西沢道夫 一塁手 初受賞

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 年度別成績 1950年 セントラル・リーグ”. 日本野球機構. 2017年4月29日閲覧。
  2. ^ チームデータ > 記録集 > 試合最高記録” (日本語). 中日ドラゴンズ. 2019年12月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月11日閲覧。
  3. ^ 『日本プロ野球80年史 1934-2014』【記録編】、ベースボール・マガジン社、2014年12月24日。ISBN 978-4-583-10668-7。