1950年の広島カープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1950年の広島カープ
成績
セントラル・リーグ8位
41勝96敗1分 勝率.299[1]
本拠地
都市 広島県広島市
球場
広島県総合野球場
球団組織
監督 石本秀一
1951 »

1950年の広島カープ1950年広島カープの動向についてまとめる。

この年の広島カープは、リーグ参入初年であり、石本秀一監督の1年目のシーズンである。シーズン終盤、球団記録タイ(2回目は1999年)の13連敗を喫した[2]

概要[編集]

前年に正力コミッショナーによるリーグ拡張構想が明るみに出ると、プロ野球参入を画策していた企業による加盟申請が相次ぎ、プロ野球再編問題へと発展した。その中で広島では原爆の被害からの復興の象徴として球団を設立しようとする機運が高まり、「広島野球倶楽部」が設立された。チーム名の案として、様々な案が挙がったが、最終的に原爆で喪失した広島城の愛称である鯉城からチーム名を「カープ」とし、広島カープが誕生した。

設立時に思うように資金が集まらず、経営基盤が脆弱であったことから、選手に十分な給料を支払えない状態で戦い、シーズンを最下位で終えた[3]

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー[4]
1 田中成豪
2 岩本章
3 白石勝巳
4 辻井弘
5 坂井豊司
6 樋笠一夫
7 荻本伊三武
8 山崎明男
9 内藤幸三
1950年セントラル・リーグ順位変動
順位 3月終了時 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 10月終了時 最終成績
1位 中日 -- 中日 -- 松竹 -- 松竹 -- 松竹 -- 松竹 -- 松竹 -- 松竹 -- 松竹 --
2位 松竹 1.0 松竹 0.0 中日 1.0 中日 5.0 中日 5.0 中日 7.5 中日 9.0 中日 8.5 中日 9.0
3位 巨人 2.0 巨人 2.5 巨人 8.0 巨人 6.5 巨人 11.5 巨人 10.5 巨人 10.5 巨人 14.0 巨人 17.5
4位 大洋 3.0 大阪 10.0 大阪 10.0 大阪 8.5 大阪 14.5 大洋 20.0 大阪 22.5 大阪 25.5 大阪 30.0
5位 大阪 5.5 大洋 10.0 大洋 12.0 大洋 11.5 大洋 15.0 大阪 22.5 大洋 24.0 大洋 27.0 大洋 31.0
6位 西日本 7.0 西日本 11.5 西日本 18.0 西日本 19.0 西日本 22.0 西日本 28.5 西日本 34.5 西日本 43.5 西日本 48.5
7位 広島 7.5 広島 18.0 広島 20.0 広島 20.0 広島 25.5 広島 36.5 広島 43.0 広島 49.5 国鉄 57.5
8位 国鉄 10.0 国鉄 20.0 国鉄 27.0 国鉄 29.5 国鉄 34.5 国鉄 42.5 国鉄 48.5 国鉄 54.0 広島 59.0
1950年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 松竹ロビンス 98 35 4 .737 -
2位 中日ドラゴンズ 89 44 4 .669 9.0
3位 読売ジャイアンツ 82 54 4 .603 17.5
4位 大阪タイガース 70 67 3 .511 30.0
5位 大洋ホエールズ 69 68 3 .503 31.0
6位 西日本パイレーツ 50 83 3 .376 48.5
7位 国鉄スワローズ 42 94 2 .309 57.5
8位 広島カープ 41 96 1 .299 59.0

[1]

選手・スタッフ[編集]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
受賞者なし
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
白石勝巳 遊撃手 初受賞

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b 年度別成績 1950年 セントラル・リーグ”. 日本野球機構. 2016年6月11日閲覧。
  2. ^ 巨人の連敗はストップするか?現存する12球団最多連敗は98年ロッテの18 デイリースポーツ 2017年6月7日
  3. ^ 【1月15日】1950年(昭25) 金ナシ、寮ナシの広島カープ、原っぱでお披露目式スポニチアネックス 日めくりプロ野球1月
  4. ^ 『読売新聞』1950年3月11日付朝刊、8版、3面