1950年の航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

< 1950年

1949年の航空 - 1950年の航空 - 1951年の航空

航空に関する出来事[編集]

FMA I.Ae. 33 プルキー II
  • 6月16日: アルゼンチンで開発されたジェット戦闘機、FMA I.Ae. 33 プルキー IIが初飛行した。
  • 6月25日 - 朝鮮戦争が勃発した。
  • 6月25日 - アメリカ空軍が、韓国の市民の救援を始めた。
  • 6月27日 - アメリカ空軍のF-82 ツイン・ムスタングが北朝鮮空軍のYak-9を撃墜し、朝鮮戦争初の空中戦による最初の撃墜となった。
  • 6月27日 - アメリカ空軍のB-29 スーパーフォートレスが、ソウルの鉄道駅と漢江にかかる橋の爆撃を行った。朝鮮戦争、最初の戦略爆撃である。
  • 6月28日 - アメリカ空軍のB-26 インベーダーが、北朝鮮への攻撃を行う。
  • 6月30日 - オーストラリア空軍のP-51 ムスタングが、朝鮮戦争に派遣された。
F9F パンサー
F-84 サンダージェット
  • 7月3日 - アメリカ海軍の航空母艦、ヴァリー・フォージから発進した、F9F パンサーがジェット戦闘機として最初に朝鮮戦争に参加し、北朝鮮のYak-9を撃墜した。
  • 7月3日 - イギリス海軍の航空母艦、トライアンフから発進した、スーパーマリン シーファイヤーとフェアリー ファイヤフライが北朝鮮攻撃に参加した。
  • 7月29日 - BEAのヴィッカース バイカウントがターボプロップ機として初めて、ロンドン - パリ間の旅客運送を始める。
  • 8月27日 - 南アフリカ空軍のP-51 ムスタングの部隊が、朝鮮戦争に参加するために送られた。
  • 9月22日 - デーヴィッド・シリングが操縦するF-84 サンダージェットが、ジェット機による最初の無着陸大西洋横断を行った。
  • 9月29日 - リチャード・V・ホイラーが、パラシュート降下の高度記録13,000 mを樹立した。
  • 10月 - ソビエトと中国のパイロットが操縦するMiG-15が、北朝鮮空軍を援助するために朝鮮戦争に投入された。
  • 10月1日 - デンマーク空軍が再建された。
  • 11月7日 - BOACの最後の旅客用飛行艇が、運行を停止した。
  • 11月8日 - アメリカのラッセル・ブラウンがF-80 シューティングスターで、MiG-15を撃墜し、ジェット機による最初のジェット機の撃墜となった。
  • 12月17日 - F-86 セイバーが、朝鮮戦争に投入された。
  • 日付不詳 - イタリア空軍初のディスプレイチーム キャバリノ・ランパンテ(Cavallino Rampante)が、5機のバンパイア FB.5戦闘爆撃機により編成され、1952年6月まで活動した。(イタリア空軍のアクロバットチームを参照)
  • 日付不詳 - イスラエルの航空会社、アルキア・イスラエル航空が運行を開始した。

1950年に初飛行した機体の画像[編集]

航空に関する賞の受賞者[編集]

関連項目[編集]