1950年の読売ジャイアンツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1950年の読売ジャイアンツ
成績
セントラル・リーグ3位
82勝54敗4分 勝率.603
本拠地
都市 東京都文京区
球場
後楽園球場
Gthumb.svg
球団組織
オーナー 正力松太郎
経営母体 読売新聞社
監督 水原茂
« 1949
1951 »

1950年の読売ジャイアンツ(1950ねんのよみうりジャイアンツ)では、1950年における読売ジャイアンツの動向をまとめる。

この年の読売ジャイアンツは2リーグ制移行、水原茂監督の1年目のシーズンである。

概要[編集]

前年、シベリア抑留から復帰した水原を三原脩監督が起用しなかったことから、チーム内で三原に対する不満が生じ、いわゆる「三原監督排斥騒動」に発展した[1]。チームはこの内紛を収拾するために水原を監督に就任させ、三原を総監督という名目だけの閑職に追いやった[2]。前年優勝した巨人は2リーグ制移行に伴って創設された新球団に戦力を提供したものの、4番の川上哲治やこの年完全試合達成の藤本英雄などの豊富な人材が残っていたことから、シーズン序盤は松竹中日と首位争いをした。しかし5月に大きく負け越し、上位2チームに離されると水原監督の1年目は3位でシーズンを終えた。この年は打高投低の年と言われ、両リーグ全体で1500本の本塁打が飛び交い特にセ・リーグはそれが顕著で、8球団中6球団が100本以上をマークするなど空前絶後の年だった。巨人はリーグ3位の126本塁打を記録したほか、212盗塁とリーグ2位だった。投手陣も藤本、別所毅彦らの活躍でチーム防御率2.90を叩き出し、セ・リーグ1位と健闘した。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 千葉茂
2 山川喜作
3 青田昇
4 川上哲治
5 手塚明治
6 萩原寛
7 小松原博喜
8 藤原鉄之助
9 藤本英雄
1950年セントラル・リーグ順位変動
順位 3月終了時 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 10月終了時 最終成績
1位 中日 -- 中日 -- 松竹 -- 松竹 -- 松竹 -- 松竹 -- 松竹 -- 松竹 -- 松竹 --
2位 松竹 1.0 松竹 0.0 中日 1.0 中日 5.0 中日 5.0 中日 7.5 中日 9.0 中日 8.5 中日 9.0
3位 巨人 2.0 巨人 2.5 巨人 8.0 巨人 6.5 巨人 11.5 巨人 10.5 巨人 10.5 巨人 14.0 巨人 17.5
4位 大洋 3.0 大阪 10.0 大阪 10.0 大阪 8.5 大阪 14.5 大洋 20.0 大阪 22.5 大阪 25.5 大阪 30.0
5位 大阪 5.5 大洋 10.0 大洋 12.0 大洋 11.5 大洋 15.0 大阪 22.5 大洋 24.0 大洋 27.0 大洋 31.0
6位 西日本 7.0 西日本 11.5 西日本 18.0 西日本 19.0 西日本 22.0 西日本 28.5 西日本 34.5 西日本 43.5 西日本 48.5
7位 広島 7.5 広島 18.0 広島 20.0 広島 20.0 広島 25.5 広島 36.5 広島 43.0 広島 49.5 国鉄 57.5
8位 国鉄 10.0 国鉄 20.0 国鉄 27.0 国鉄 29.5 国鉄 34.5 国鉄 42.5 国鉄 48.5 国鉄 54.0 広島 59.0
期間
成績
9勝4敗1分
勝率.692
13勝5敗
勝率.722
6勝11敗
勝率.353
9勝5敗2分
勝率.643
7勝10敗1分
勝率.412
15勝3敗
勝率.833
10勝4敗
勝率.714
7勝10敗
勝率.412
6勝2敗
勝率.750
1950年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 松竹ロビンス 98 35 4 .737 -
2位 中日ドラゴンズ 89 44 4 .669 9.0
3位 読売ジャイアンツ 82 54 4 .603 17.5
4位 大阪タイガース 70 67 3 .511 30.0
5位 大洋ホエールズ 69 68 3 .503 31.0
6位 西日本パイレーツ 50 83 3 .376 48.5
7位 国鉄スワローズ 42 94 2 .309 57.5
8位 広島カープ 41 96 1 .299 59.0

できごと[編集]

入団・退団[編集]

シーズン開幕前[編集]

本節では、前シーズン終了から本シーズン開幕までの入退団について記述する。

支配下選手
登録 抹消
No 選手名 前所属 区分 No 選手名 去就 区分
投手
25 吉江英四郎 東急フライヤーズ 移籍 21 川崎徳次 西鉄クリッパース 移籍
28 緒方俊明 西日本パイレーツ 移籍
38 井上嘉弘 松竹ロビンス 移籍
捕手
38 中村国雄 明大中野高 新入団 10 丸木重信
内野手
10 宇野光雄 新東宝 プロ復帰 1 白石敏男 広島カープ 移籍
27 加地健三郎 ライオン プロ復帰 8 田中資昭 大洋ホエールズ 移籍
45 太田敏彦 新入団
外野手
21 久保木清 大昭和製紙 新入団 25 平山菊二 大洋ホエールズ 移籍
44 吉田強 大村高 新入団 27 野草義輝 社会人野球・明治座
30 中島治康 大洋ホエールズ 移籍
53 関山幹一郎

選手・スタッフ[編集]

[4][5]

  • 背番号変更
    • 別所毅彦 29→11
    • 内藤博文 11→28

表彰選手[編集]

千葉茂(二塁手、4年連続4度目)
青田昇(外野手、2年ぶり2度目)

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Number PLUS 20世紀最強伝説3 P161
  2. ^ この年のシーズンオフに三原は退団し、西鉄クリッパースの監督に就任した。
  3. ^ 無安打無得点試合 (ノーヒットノーラン)NPB公式サイト
  4. ^ 読売巨人軍公式HP 背番号変遷”. 読売ジャイアンツ. 2015年10月5日閲覧。
  5. ^ 『日本プロ野球80年史 1934-2014』【記録編】、ベースボール・マガジン社、2014年12月24日。ISBN 978-4-583-10668-7。