1951年の名古屋ドラゴンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
1951年の名古屋ドラゴンズ
成績
セントラル・リーグ2位
62勝48敗3分 勝率.564[1]
本拠地
都市 愛知県名古屋市
球場
中日スタヂアム
球団組織
経営母体 中日新聞社
監督 天知俊一
« 1950
1952 »

1951年の名古屋ドラゴンズでは、1951年の名古屋ドラゴンズの動向をまとめる。

この年の名古屋ドラゴンズは、天知俊一監督の3年目のシーズンである。

概要[編集]

名古屋鉄道中日新聞社の共同経営となったことにより、チーム名が名古屋ドラゴンズに改称された。この年は2番に国枝利通を、開幕投手には後に監督を務めた近藤貞雄を迎えてスタート。この年は前年優勝の松竹が球団内の内紛で開幕から低迷したのを受け、巨人とともに優勝候補の筆頭に上がったもののペナントがはじまると巨人が独走し、名古屋・阪神が追い上げる展開が続いた。8月19日の巨人戦で本拠地の中日球場が不審火で全焼。選手や関係者などに死者は出なかったものの、巨人の独走や本拠地の火災など不運が続き最終的に2年連続の2位となったものの勝ち星は前年から大きく減り、1954年の初優勝まで苦闘の日々が続いた。本拠地の中日球場は8月20日の試合から改築工事に入ったため、他球場に振り替えられた。シーズン終了後、天知監督が辞任して坪内道典新監督が就任した。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 坪内道典
2 国枝利通
3 原田徳光
4 西沢道夫
5 野口明
6 杉山悟
7 松本和雄
8 土屋亨
9 近藤貞雄
1951年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 --
2位 国鉄 0.0 松竹 1.5 名古屋 3.5 名古屋 11.0 名古屋 14.0 名古屋 18.0
3位 名古屋 2.5 大阪 2.0 松竹 7.5 松竹 14.5 松竹 19.0 大阪 20.5
4位 大洋 3.0 名古屋 4.5 大阪 9.0 大阪 15.0 大阪 19.5 松竹 27.0
5位 松竹 3.5 国鉄 大洋 12.5 大洋 18.5 国鉄 25.0 国鉄 31.5
6位 広島 4.0 大洋 4.5 国鉄 13.5 国鉄 18.5 大洋 25.5 大洋 37.0
7位 大阪 4.5 広島 7.5 広島 17.0 広島 25.0 広島 33.5 広島 41.0
1951年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 79 29 6 .731 -
2位 名古屋ドラゴンズ 62 48 3 .564 18.0
3位 大阪タイガース 61 52 3 .540 20.5
4位 松竹ロビンス 53 57 5 .482 27.0
5位 国鉄スワローズ 46 59 2 .438 31.5
6位 大洋ホエールズ 40 64 4 .385 37.0
7位 広島カープ 32 64 3 .333 41.0

[1]

オールスターゲーム1951[編集]

監督 天知俊一
ファン投票 選出なし
監督推薦 杉下茂 三富恒雄 野口明 坪内道典 西沢道夫 原田徳光

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[2][3]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
杉下茂 最多勝利 28勝 初受賞
沢村賞 初受賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
野口明 捕手 初受賞

出典[編集]

  1. ^ a b 年度別成績 1951年 セントラル・リーグ”. 日本野球機構. 2017年8月3日閲覧。
  2. ^ ベースボールマガジン2002夏季号, ベースボールマガジン社, (2002), p. 108 
  3. ^ 『日本プロ野球80年史 1934-2014』【記録編】、ベースボール・マガジン社、2014年12月24日。ISBN 978-4-583-10668-7。